• ホーム
  • Umu
  • マタニティ―ライフを満喫するために!妊娠中の体重管理の必要性を知る

マタニティ―ライフを満喫するために!妊娠中の体重管理の必要性を知る

妊娠中は、できるだけ健康を意識して、体調を万全に整えておきたいですよね。だからこそ、妊娠中の体重管理は重要!これまであまり生活において体重の増減を気にしてこなかったという人も、これを機にその必要性を学んでおきましょう。

不適切な体重の増減は多くのリスクがある?

妊娠した後の体重の増減は、母体と胎児へ影響を与え合併症を発症しやすいといわれています。

例えば妊娠中の過度な体重増加は、妊娠高血圧症候群・帝王切開・巨大児のリスクを上昇させます。

それだけでなく、妊娠時の体型も、母体と胎児に影響を与えます。

元々女性太っている女性は妊娠高血圧症候群・帝王切開・妊娠糖尿病・4000g以上の巨大児・神経管閉鎖障害・死産の頻度が増えると考えられています。一方で元々痩せている女性の場合は、切迫早産・早産・2500g未満の低出生体重児の頻度が増えると考えられています。

つまり、痩せすぎも太りすぎも、母体と胎児に悪影響を及ぼしてしまうのです。適切な体重増加はもともとの体格によって異なりますが、厚生労働省が定める標準的な体格の妊婦さんの場合の増加の目安は、およそ11kg。これは、生まれてくる赤ちゃんの平均が3kgであることをもとに、割り出した増加の目安です。

妊娠中に体重が増え過ぎたときのリスク

妊娠中は、最低でも6㎏は増えるといわれています。その重さの内訳は、赤ちゃんが約3kg、他は胎盤、血液なども増えます。このことから、多少の増加は許容範囲ですが、あまりにも増え過ぎてしまうと妊娠中のトラブルや出産時のリスクにつながるので要注意!

下記に、妊娠中に太り過ぎた際のリスクを挙げていきます。

①妊娠高血圧症候群・妊娠糖尿病

体重の急激な増加により高血圧になると、胎児に酸素や栄養がいきわたりづらくなります。他にも母体に負担がかかることも。

妊娠糖尿病にもなりやすく、糖分がそのまま赤ちゃんに移行することが原因で、4000g以上の巨大児の可能性が高まります。また出産後には低血糖のもなりやすくなります。

②難産・帝王切開

体重が増加すると、必然的に産道にも脂肪がつきます。すると赤ちゃんが産道を通りづらくなり、難産の可能性が高まります。結果的に、帝王切開になる確率も高くなるのです。

③産後の体型

急激に増えた体重を、すぐに戻すのは難しいもの。つまり、産後元の体型に戻るのに必要以上に時間を要する結果となります。

妊娠中に体重が減り過ぎたときのリスク

妊娠中に体重が増え過ぎてしまうと「大変!どうにかしなくちゃ!」という気持ちになりますが、意外と気付きづらいのが、妊娠中の急激な体重の減少です。

妊娠中に体重が減少しすぎてしまうと、切迫早産・早産・2500g未満の低出生体重児の可能性が高まります。この中でも特に低出生体重児を問題視する声が多く挙がっています。

低出生体重児に発症リスクが高まることが分かっている疾患として挙げられるのが、虚血性心疾患・本態性高血圧・2型糖尿病・メタボリック症候群・神経発達異常・脳梗塞・脂質異常症などです。

受精時から数えて乳児期までの最初の約1000日間の母体の栄養状態を含めた環境が、胎児の遺伝子の働きを調節するメカニズムに影響を与えて、将来の病気の素因を作ることが分かっています。(福岡秀興氏/早稲田大学総合研究機構研究院教授・産婦人科専門医)

だからこそ、妊娠期間の体重管理が重要なのです。しかし同時に子育て次第で病気の発症リスクを回避することが可能であることも分かっています。

体重管理をしてマタニティーライフを満喫しよう♪

妊娠期間中は、これまで以上に体重の増減に気を付けて、しっかりと体重管理を行いましょう。

①摂取カロリーを守る

妊娠初期…+50kcal・中期…+250kcal・後期…+450kcalが目安。(厚生労働省「日本人の食事摂取基準」より)

②栄養バランス

主食・主菜・副菜を組み合わせることを意識する。

③運動編

適度な運動は、肥満対策・体力UP・血行促進・マイナートラブルの予防に◎

ウォーキングやストレッチなど、やりなれた運動がおすすめ。

上記の3点以外にも、体重推移をグラフで記録しておくと、管理しやすいですよ。

NEW ARTICLE