• ホーム
  • Umu
  • 食べすぎ注意やNGも!妊娠中に「食べ物」が与える影響や間食について

食べすぎ注意やNGも!妊娠中に「食べ物」が与える影響や間食について

妊娠中は、お腹の赤ちゃんのことも考え、栄養素を意識した食生活を送ることが大切です。妊娠中でなければ神経をとがらせる必要はありませんが、中には避けるべき食べ物や量に注意が必要な食べ物も。妊娠中に食べ物が与える影響や間食、避けるべき食べ物などをご紹介します。

妊娠中は食べないで!避けるべき食べ物とは?

妊娠中は、なぜ避けるべき食べ物が存在しているのでしょうか。
それは、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすリスクのある微生物に感染する可能性があるからです。

生肉や加熱殺菌していないナチュラルチーズ、スモークサーモン、肉や魚のパテ、生ハムには要注意!これらの食べ物は、妊娠中は食べないようにしましょう。

加熱殺菌ができていない食材を食べることで、リステリア菌の食中毒に発症する可能性があります。妊娠中に感染すると、お腹の赤ちゃんが敗血症になったり、流産につながったりするリスクが高まります。自然界に多く潜んでいる細菌ですが、海外の実例の多くは、加熱殺菌していないナチュラルチーズ、スモークサーモン、肉や魚のパテ、生ハムが原因となっています。

もう一つ、危険なのがトキソプラズマ症です。妊娠中に感染すると、お腹の赤ちゃんが先天性トキソプラズマ症を発症したり、流産につながったり、眼や脳に障害が出たりするリスクが高まります。加熱していない肉から感染するケースが多いので、妊娠中は注意が必要です。

適量はOK!量に気をつけるべき食べ物とは?

前述のように“全く食べない”のではなく、適正量の摂取に注力したい食べ物も存在しています。その理由は、過剰摂取が妊娠中の身体やお腹の赤ちゃんに影響を及ぼす栄養素が含まれているから。主に気を付けたいのが、ビタミンAと水銀です。

【ビタミンA】
レバーやうなぎなどの、動物性食品に含まれるレチノールのこと。
目・皮膚・粘膜の健康維持に欠かせない栄養素なので、不足すると感染症にかかりやすくなることも。しかし妊娠初期に過剰に摂取すると、赤ちゃんの器官形成異常を招く可能性が高まります。
スモークレバーであれば1切れ、焼き鳥であれば1本、うなぎであれば1/2尾が一日当たりの摂取量目安です。
※植物性食品であれば、摂取量を気にする必要はありません。緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンなどの植物性食品に含まれるプロビタミンAは、体内で必要量だけビタミンAに変わるからです。

【水銀】
過剰な水銀摂取は、お腹の赤ちゃんに音を聴いた時の反応が遅れる障害を発症する可能性を高めます。
魚介類の中でも、キンメダイなどの大型の回遊魚やマグロ類には注意が必要です。その理由は、自然界の食物連鎖を通して、水銀の濃度が高くなる可能性があるから。キンメダイやメカジキマグロ類は1週間に切り身一切れ程度を目安に考えておきましょう。

海藻類の食べ過ぎには要注意!

妊娠中に食べすぎを気を付けたいのが、昆布・わかめ・ひじき・のりなどの海藻類。海藻類には、ヨウ素がたくさん含まれていることがその理由です。

ヨウ素はミネラルの一種で、体内で甲状腺ホルモンを合成するために欠かせない栄養素です。甲状腺ホルモンは、新陳代謝を促進させたり体の発育において重要な役割を果たしたり、妊娠中もお腹の赤ちゃんの脳や骨の発育のためにじゅうようです。妊娠中にヨウ素が不足することで、流産や死産を招いてしまう可能性もあります。

しかし一方で、食べすぎにも注意が必要なんです!
1日あたりの摂取推奨量である240μg~上限量の2,000μgを超えてしまうと、ヨウ素がお腹の赤ちゃんの体内に溜まって、甲状腺機能低下症を引き起こす可能性が高まります。

妊娠中のおやつはどうする?

妊娠中は、予想以上の体重増加に戸惑い、なるべく不要なカロリーを摂取しないように、意識している人も多いですよね。

しかし、おやつを我慢してストレスを溜めてしまうのも考え物。
であれば、毎日決めた量のおやつを食べることで、ストレスを溜めないほうが良いのです♡

あくまで妊娠中のおやつは気分転換が目的です。1日100kcalを目安に考えましょう。栄養価の高い果物や、ナッツがおすすめです。

NEW ARTICLE