• ホーム
  • Umu
  • 女性だけじゃない!男性のつわり「クーヴァード症候群」とは?

女性だけじゃない!男性のつわり「クーヴァード症候群」とは?

妊娠初期に多くの女性が体感する「つわり」。この症状、実は男性にも同じように起こることがあるのをご存じですか?治療法や対処法を知ることで、大事に至ることを避けられます。突然の旦那さんの変化に驚いたら、男のつわりを疑ってみましょう。

男のつわり?「クーバード(クヴァード)症候群」とは?

Woman Walking outdoor Jogging exercise Healthy lifestyle
Woman Walking outdoor Jogging exercise Healthy lifestyle

妊娠初期の女性と同様に、男性にも妊娠の症状が起こることがあります。これを、「クーバード(クヴァード)症候群」と呼びます。

クーバード(クヴァード)(Couvade)は、フランス語で「鳥が卵を抱くこと」の意味。

世界の一部の民族の中には、妊婦の夫が特定の食べ物を食べないようにしたり、出産後しばらく狩りに出ないようにしたりと、妊娠・出産・産後に様々な決まりに従って生活や儀式を行う「擬娩」という風習を持っています。こうした風習をクーバード(クーヴァード)と呼ぶことにちなんでこうした名称がつけられました。

「クーバード(クヴァード)症候群」の原因・症状とは?

医者が説明

「クーバード(クヴァード)症候群」は、医学的な原因は不明といわれていますが、精神的な部分から発症する可能性が高いと考えられています。
症状は、妊娠中の女性が体感するそのもの!

原因や症状は、下記のとおりです。

【原因】
・同情・同調の気持ち

∟つわりに苦しむ妻の姿を目の当たりして。
・家事・育児による不調
∟ つわりで苦しむ妻に代わって家事や上の子の育児を担当することで発生する不調。
・不安の気持ち
∟父親になることができるかという、精神的に不安な状況から。

【症状】
・吐き気
・食欲不振
・嗜好の変化
・めまい
・胃痛
・頭痛
・嗅覚の変化
・感情の変化

妻をいたわる気持ちを持っていたり、何かしてあげたいのに何もできない自分を責めてしまう男性が、なりやすい傾向にあるようです。

それぞれの症状に合った、正しい治療が大切!

クーバード(クヴァード)症候群は、全体を解消する治療はありません。しかし、それぞれの症状に合った治療法で対処することで、症状が改善されることがあるので、まず旦那さんがどのような症状にあるのかを、冷静に見極めましょう。

例えば、胃痛などの胃腸症状であれば、胃腸の運動を助ける薬・胃酸を抑制する薬・粘膜を保護する薬・などの処方を。頭痛については鎮痛剤、吐き気には吐き気止め、という治療が適切です。

市販薬で不安な場合には、必ずかかりつけ医を受診し、正しい薬を処方してもらいましょう。

「そのままでいいんだよ」あなたの一言が一番の対処法♡

実はクーバード(クヴァード)症候群は、古くから知られている症状。

多くは出産が無事終わるとともに、症状が改善するといわれています。
病院で異常なしと診断を受けた場合には、あまり気に留めないようにして、赤ちゃんの誕生を心待ちに過ごしましょう。

男性なのにつわり同様の症状に苦しむ旦那さんを見て、頼りないと思ってしまうかもしれません。しかし実際はその逆で、優しくて共感性のある、素敵な旦那さんなんです♡

人の痛みや気持ちに共感できる、素敵なパパになってくれること間違いなし!
「そのままでいいんだよ。」という女性からの声掛けで、救われる旦那さんもたくさんいます。
夫婦で協力し合って、出産までの道のりを歩みたいですよね。

NEW ARTICLE