• ホーム
  • Umu
  • BMI指数も大切!妊活中の適正体重を知って妊娠しやすい体を目指す

BMI指数も大切!妊活中の適正体重を知って妊娠しやすい体を目指す

普段からダイエットを気にする女性が多いですが、妊活中は、どうでしょうか?痩せすぎも太りすぎも、妊娠しやすい体から遠ざかってしまうことを、覚えておきましょう。大切なのは、“適正体重”!BMI指数なども意識し、妊娠しやすい体を目指しましょう♪

体重管理の重要性を知る

肥満や低体重が、どうして妊娠しやすい体から遠ざかってしまうのでしょうか。それは、いずれも排卵が障害され、生理周期が不規則になってしまうからです。

・肥満
体内に過剰にエストロゲンが産生されることで排卵が起こりにくくなる
妊娠中に妊娠高血圧症候群のリスクが上昇、血栓症のリスクが増大する。

・低体重
エストロゲン産生が脂肪細胞から十分に得られず、排卵周期が不規則になったり、排卵障害や閉経になったりする可能性がある。
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の一因となる。

これらのことから、肥満にも低体重にもならないよう、日ごろから健康的な体重を維持することがいかに重要であるかが分かります。

不妊とBMI指数の関係とは

華奢でスタイルが良くて羨ましい!と思われているような体型でも、もしそれが低体重であれば不妊の原因になることも。しかし、肥満か低体重かを、体重だけで判断するのは難しいですよね。そこで健康的な体型の目安としておすすめしたいのが、BMI(ボディマス指数)です。BMI指数は、世界的な基準となっています。

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

上記の計算方法で割り出せるBMI指数は、18.5未満だとやせ過ぎ、25.0以上だと肥満体型と判断されます。
仮にBMI指数が低い場合には、女性ホルモンのトラブルや栄養不足などの危険性があるので、妊娠しづらいだけでなく、お肌がボロボロになったり、髪の毛が抜けたり、骨が折れやすくなったり……というリスクも想定されます。

適正な「筋肉量」と「体脂肪」を持った体を目指そう!

ただやみくもにBMI指数を正常値にもっていこうと思っても、明確な目標が生まれません。妊娠しやすい体を目指すためには、適正な「筋肉量」と「体脂肪」を持った体を目指しましょう!

筋肉の約7割は、下半身にあります。タニタ体重科学研究所の報告によると、「下肢筋肉量が高い=卵巣機能が高い」ということが分かっています。
それは、筋肉を鍛えることで、成長ホルモンの分泌を高く維持できるからです。これが、下肢筋肉量の数値が高い人は女性ホルモンの分泌が多く、卵巣機能が高いという研究結果につながっています。
卵巣機能を高めるべく、意識して鍛えたいのが太ももです。それは、太ももにある下肢筋肉の大部分を、大腿筋が占めているから。
他にも、筋肉は子宮をあるべきところで支えたり、いきみやすくしたりする効果があるので、早産や難産を引き起こさないためにも必要だといえるでしょう。

筋肉をつけることを意識しながら体を動かすことで、自ずと体脂肪率にも変化が見られます。常に筋肉量と体脂肪率の両方のバランスを見て、適正な数値を目指しましょう♪

体重をコントロールするためには

それでも、体重をコントロールするのは難しい……という人は、まず日ごろの食生活に注意をすることから始めてみましょう。
現代の食生活は、どうしても糖質に偏りがちです。極端な糖質制限などのダイエットはおすすめできませんが、糖質の多い食事になっていないか、今一度見直すことが大切です。
糖質過多以外にも、タンパク質不足も肥満の原因の一つです。過度な摂取は肥満を招きますが、適度に肉や野菜を食べることも大切ですよ。

食事の見直しだけでなく、運動のし過ぎも妊娠しやすい体から遠ざけてしまう可能性があることをご存じですか?激しすぎる運動はエネルギーの消耗が激しいため、生命活動のエネルギーを維持することを優先するあまり、妊娠までエネルギーがまわらなくなってしまうことも。

食事だけでなく、運動も“適度”を心掛けることを意識して適正体重を目指し、妊娠しやすい体作りに励みましょう。

NEW ARTICLE