• ホーム
  • Human
  • “肝が座った母”に育てられた井上和香さんの理想の母親像【前編】

“肝が座った母”に育てられた井上和香さんの理想の母親像【前編】

2002年にグラビアアイドルとしてデビュー後、女優・タレントとして活躍し続けている井上和香(いのうえ わか)さん。
プライベートでは1児の母という顔を持ちながら、家庭と仕事を両立されていて、憧れている女性も多いのではないでしょうか。
今回、Ubu+スペシャルインタビューでは、井上和香さんの幼少期から現在の子育て、お仕事についてお話を伺ってきました。育児とお仕事の両立やこれから迎える未来のことなど、きっと皆さんの生きるヒントが見つかるはず。前編・後編にわけてお届けするので最後までぜひご覧ください。

後編はこちら→「やってきたことは全て◎」井上和香さんの私生活から見えるこれからのライフプラン【後編】

私の両親の子育てを一言で表すと“放任主義”。
小さい頃は門限というものがない家庭で育ちました

インタビューにこたえる井上和香さん

小さい頃は人見知りで、人前では恥ずかしくて何もできませんでした。

———— というひと言から始まった井上和香さんのインタビュー。現在は芸能界で人前に出て活躍されている姿からは想像もつかない幼少期です。

両親は、住んでいるマンションの1階で割烹料理店を営んでいました。
18時から営業が始まるので、井上家の夕飯は毎日17時くらい。そして18時になると両親は仕事に行ってしまうので、3歳上の姉とお留守番をする毎日でしたね。

夜は両親が家にいないという家庭だったのですが、うちには門限がありませんでした。でも「夜遅くに外に出ると危ないことがあるし、怖い人もいる。それでもいいなら外に出てもいいよ」と母に言われていて、すごく怖かったのを覚えています。
門限はありませんでしたが、この母の言葉のおかげでちゃんと夕方までには帰宅していましたね!

中学・高校になると、部活があったので17時にみんなで夕飯を食べることは減ってしまいましたが、毎週日曜日のおやすみは必ず家族揃ってご飯を食べていました。仲の良い家族でしたね。

父の味方ばかりして母とは女同士のケンカ

断然パパっこだった私は、どんなに父が悪くても父の味方ばかり。なので母が私に怒るんですよね。そこからは母と女同士の戦いがよく始まっていました。

姉曰く、私と母の性格が似ているみたいなんです。だからなのか、母とはよくぶつかっていました。仲が良い家族ではありましたが、もちろん私にも反抗期はありましたよ。

パパっこであんなに父の味方をしていたのに、思春期には空気のように扱っていて、父のことが嫌いだと言っていた時もありましたね(笑)

冒険をさせてくれた母の強さに完敗

———— ご家族との素敵なエピソードにこちらまで心がほっこりします。特に印象に残っていることはありますか?

私が幼稚園の年長くらいの頃かな。
母が、3キロ離れているお友達の家に私1人で行かせてくれたんですよね。私的には冒険している気持ちと達成感が強くて、今でも鮮明に覚えています。

大人になってから聞いた話ですが、当時祖母は猛反対したみたいなんですよね。母に「あんたは鬼だ。小さい子どもにそんな距離歩かせるなんて」って言ったらしいんですが、それに対して母は「これで後ろから私が付いて来ているってわかったら悲しむから、信じて任せましょう」って家で待っていたそうなんです。

母と同じことを自分の娘にできるかって考えたら絶対にできません。交通量の多い道路で信号を何個も渡ると思うと、安心して待っていられないですね。母はどれだけ肝が座っていたんだろうって尊敬しています。

理想の母親像は私の母親とは真逆!でも……

うちは割烹料理店だったので、母は毎日着物を着ていたんです。着物を着て準備を始めると母親の顔じゃなくなるんですよね。それがものすごく寂しくて。
お仕事に行ってほしくないと泣きながら母の腕にすがるんですが、着物が汚れるからって、とても嫌な顔をして私に言うんです。それを見て、さらに寂しくなっていました。

とても悲しい思いをしていたので、私に子どもができたら絶対にそんなことをしないでもっと一緒にいてあげたい、優しくしたいって子どもながらに思っていました。

———— ということは、理想とする母親像はご自身のお母様とは真逆なのでしょうか?

そうだと思っていたのですが、私も母と同じことをしてしまっているなと気づいたんです。

たまに仕事場に娘を連れて行くのですが、本番直前に「行かないで」って泣いてくっついて来るんですよね。その時に「衣装が汚れるからやめて」って言っていて……。その瞬間「あ!私、母と同じことしている」って思ったんです。

娘のことが嫌いなわけでもない。むしろ泣いている姿を見て心苦しい気持ちの方が強くて。きっと母も私と同じ気持ちだったのかなって、今になってわかりました。これは親にならなきゃわからないことでしたね。

幼少期を中心にお話を伺った前編。
心温まるエピソードを話す度に、愛らしい表情を見せてくれた井上さんがとても印象的でした。

井上さんから溢れ出る優しさと輝かしい笑顔は、井上さんを信じて育ててきたご両親の温かさと愛情ゆえなのかもしれませんね。

後編は井上さんご自身の結婚観やお子さんへの想いなどを中心にご紹介いたします。どうぞお楽しみに!

Profile
井上 和香(いのうえ わか)
1980年5月13日生まれ。東京都出身。
グラビアアイドルとしてデビュー後、女優・モデル・タレントとして幅広く活躍中。
プライベートでは2012年に結婚、2015年7月に女児を出産し1児の母としての顔をもつ。

--------------------------------------------
Photographer:Yusuke Ikuta
Hare&Make:Nami Matsunaga
Stylist:Kazumi Hayakawa
Director:Shigeru-chan
--------------------------------------------
ブラウス¥14,000 スカート¥36,000 ピアス ¥7,500(全てegg nog自由が丘)シューズ スタイリスト私物

NEW ARTICLE