• ホーム
  • Umu
  • ピルで太るって本当?知りたい【種類】【メリット】【デメリット】

ピルで太るって本当?知りたい【種類】【メリット】【デメリット】

女性自身が自分の責任で避妊することができるピルですが、妊活にも役立つことは知っていましたか?しかしネットで「ピル」と検索すると、意外にもデメリットもがたくさん出てきます……。実際に引用する前に、種類とメリット・デメリットをしっかりと把握しておきましょう!

「ピル」とは?

避妊に役立つイメージが強い「ピル」ですが、ここでご紹介するのはいずれも「低用量ピル」で、緊急避妊薬として処方される中用量ピルとは異なります。す。

ピルとは、経口避妊薬(女性ホルモン剤)のこと。女性ホルモンの働きに作用するため、月経周期が一定になり、避妊以外にもスケジュールを立てやすくなることから、服用を決める女性が多くいます。

ではどうして“低用量”なのでしょうか。
それは、最低限のホルモン量にすることで、副作用を少なくしながらも、避妊効果を得ることができるからです。

低用量ピルには、いくつか種類が存在しています。
まず1つは、低用量ピルに配合されている黄体ホルモン剤と卵胞ホルモン剤の配合比が異なる2種類。

・1相性
黄体ホルモン剤と卵胞ホルモン剤の配合比が同じ
・3相性
配合比が3段階に組成されている。

他にも、1シートの1シートの日数が異なる2種類が存在しています。

・1シート21錠
・1シート28錠

1シート21錠タイプは、全て飲み終わった後に7日間休薬期間を設けます。(このタイミングで生理を迎えます。)1シート28錠タイプは、最後の7日間は偽薬で、ホルモンが全く含まれていません。1日1錠必ず服用するというルールを守りたい人におすすめです。

“避妊薬“じゃないの?「ピル」と「妊娠」の関係とは

「ピル=避妊薬」というイメージ方程式が定着していますが、裏を返せばピルと妊娠は密接な関係にあることが分かります。

そもそも低用量ピルとは、女性ホルモンの血中濃度を上昇させ、充分に卵巣から女性ホルモンが出ていると身体に勘違いさせる仕組みです。これにより、排卵を抑制します。他にも子宮内膜を薄くし、受精卵着床を抑制する効果があります。
また、頸管粘液の粘り気を強くするため、精子の侵入を阻害する働きもあります。
つまり、ピルを内服した後に、休薬を設けることで、これらの効果が起こらないことになります。(子宮や卵巣のお休み期間になる訳です。)このことから、低用量ピルの服用で妊娠のタイミングをスケジューリングできることが分かります。

低用量ピルを内服することでの「メリット」とは

計画的に妊娠したいと考え、ていてピルの服用を検討している人に知っておいてほしいことのは、低用量ピルを内服引用したときに得られるメリットです。

・生理の時期をコントロールできる
休薬期間に生理がくるので、スケジュールに合わせて生理の時期をコントロールできます。

・確実に避妊ができる
ほぼ100%の確率で避妊が可能です。

・生理痛・月経困難症(PMS)の改善(個人差有)
女性ホルモンを意図的にコントロールすることで、生理痛が改善されます。

・ニキビなど肌荒れの改善(個人差有)
ニキビなどの肌荒れは、女性ホルモンの乱れがほとんどの原因といわれています。

・自由にやめることができる
始めるタイミングも自由ですが、やめるタイミングも自由です。

どうして低用量ピルの服用を検討しているのか、自身の目的と照らし合わせて考えてみてくださいね!

低用量ピルを内服or使用引用することでの得られる「デメリット」とは

ここまでの内容ではでは、メリットを多く話してきましたが、低用量ピルによるデメリットもが存在しています。

・血栓症のリスク
低用量ピルを内服したことで血栓症を患ったという事例が報告されたことが、記憶に新しい人も多いですよね。海外の疫学調査によると、年間1万人当たり、低用量ピルを服用していない女性の血栓症発症のリスクは1~5人であるのに対し、低用量ピル服用女性は3~9人と報告されています。怖い気もしますが、妊娠中に血栓を起こす率はそれの遥かに上です。低容量ピルを内服することで、血栓のリスクがゼロではないことは事実です。病院でも半年に1回程度、血栓リスクを調べる採血を行いますが、服用中の体の変化には注意を払うようにしましょう。

・お金がかかる
低用量ピルは、基本的に保険適用外ですので、自費で購入することになります。1シート当たり約3,000円と、費用が発生することも頭に入れておきましょう。

・定期検査が必要
低用量ピル処方時に、定期検査を行うことが義務付けられています。

NEW ARTICLE