• ホーム
  • Umu
  • 不妊治療が必要な男性の原因や特徴は?知りたい検査と治療法

不妊治療が必要な男性の原因や特徴は?知りたい検査と治療法

不妊と聞くと女性にだけ、原因があると思われていますが、それは昔の話!
WHO(World Health Organization:世界保健機関 )の不妊症原因調査報告で、男性のみの原因は24%、女性のみの原因は41%、男女ともに原因があるケースは24%、原因不明が11%の数字が出ています。専門研究機関によると不妊の原因は男女半々と行った意見もあります。このような結果からも、カップルで一丸となって治療する必要があることが分かります。では、実際に不妊治療が必要な男性の原因や特徴は、どこにあるのでしょうか。検査や治療について、掘り下げて解説します。

男性不妊の原因や種類とは

男性側にも不妊の原因があると漠然とした知識は持っていても、具体的にどのような原因や種類が存在するあるのかを知らない、という人は多いもの。

男性の不妊症の原因は、射精がうまくいかない場合(性機能障害)と、射精される精液の中の精子の数や運動率が悪くなっている場合(精液性状低下)に大きく分けることができます。(日本生殖医学会より) 

・先天性の原因
 ∟遺伝的要因・性機能不全等
・後天性の原因
 ∟ストレス・喫煙・アルコール・糖尿病・肥満などの病気・薬の影響・精巣の損傷や機能障害・精子や射精に関するトラブル

男性不妊の種類はさまざまですが、その多くが造精機能障害といわれています。造精機能障害とは、精子を造る過程での障害であり、代表的なものに、無精子症(精子が1匹もいない状態)・乏精子症(精子濃度が正常値以下の状態)・精子無力症(動きが弱いもしくは全く動いていない状態)などがあります。

他にも膿精液症・無精液症・逆行性射精・精索静脈瘤・閉塞性無精子症・先天性精管欠損・膣内射精障害・勃起不全などが原因として挙げられます。

男性の不妊治療検査にはどのようなものがある?

前述のような男性不妊の原因をを知るために、どのような検査を受けることができるのか把握しておきたいですよね。

男性の不妊検査は、まず初診時に問診を行い、その後下記の流れで行われます。
①採血
 ∟血液中の、男性ホルモン(テストステロン)や性腺刺激ホルモン(LH、FSH)、場合によってはプロラクチンの値。また抗精子抗体、染色体について
②尿検査
③精液検査

 ∟精液量、精子濃度、運動率、運動の質、精子の形態、感染の有無について
④超音波検査・MRI
 ∟精索静脈瘤の有無について

これらは精液検査ですが、中には再検査となる場合も。
精子は同じ人でも変動する可能性が高いため、結果が悪くても再検査を行い基準値内に修正される人もいます。

これらの結果から、男性不妊の有無をであるか否かを知ることができ、そこから不妊治療に踏み込む決意をする人も多いんです。

ここで無精子症や精子濃度が500万/ml以下であることが分かった場合、さらに染色体検査やAZF遺伝子検査(Y染色体上に存在する、精子形成に関する遺伝子の検査)を行うケースがあります。

不妊治療が必要な男性とは

不妊検査を行った男性の中でも、どのような結果が出たときに不妊治療が必要なのでしょうか。
積極的に不妊治療を検討すべきなのは、無精子症や乏精子症、精子無力症の診断を受けた男性です。(精子は96%奇形でも問題はないとされます。むしろ量や運動量が大切です。)
現代では、運動精子数に合わせた不妊治療の方法を選択していきます。運動精子数が2,000万以上であれば「タイミング療法」、1,000~2,000万であれば「人工授精」、500~1,000万であれば、「体外受精」、500万未満であれば「顕微授精」の検討をおすすめします。

男性の不妊検査における検査費用はどれくらいかかる?

男性不妊の検査は、女性よりも項目は少ないものの、保険適応外ですので想像以上に費用がかさむのが現実。

検査を受ける病院によって差はありますが、おおよその相場費用をまとめます。病院によっても差があるので参考程度に考えてくださいね。

・初診…約10,000円前後
・超音波検査…約3,000円前後
・感染症検査…約7,000円前後
・血液(ホルモン)検査…約15,000円前後
・クラミジア検査…約5,000円前後
・精液検査…約5,000円前後

上記金額以外に、サプリメントや手術など、項目ごとにプラスすることでで費用が変わってきます。しかし妊娠を望むからこそ、必要な項目であることは事実です。まずは男性も不妊検査を行い、原因を知ってから不妊治療に臨みたいですよね。

NEW ARTICLE