• ホーム
  • Umu
  • 豆乳はいつ飲むのが正解?飲みすぎ注意!妊活との関係を知って摂取しよう

豆乳はいつ飲むのが正解?飲みすぎ注意!妊活との関係を知って摂取しよう

大豆イソフラボンを豊富に含む豆乳は、妊活中に摂取したい食材として知られています。どの時期から飲み始めるべきか、どのくらいの量を摂取すべきかなどは、妊娠準備中の人は欠かさずチェックしておきたい情報ですよね。妊娠準備中にふさわしい豊富な栄養素がたっぷり詰まった豆乳ですが、実は摂取しすぎはNGといわれているんです。

妊活における豆乳の役割とは

豆乳は、女性が必要とする栄養素を多く含む、優秀な食材!特に優れている点が2つあります。

1つ目は比較的低カロリーなうえに、良質な植物性たんぱく質や大豆イソフラボンを豊富に含んでいること。大豆イソフラボンはポリフェノールの一種で、植物由来のエストロゲンとも呼ばれます。その大豆イソフラボンが、妊娠・出産に必要不可欠な女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをして、妊活のサポートをするといわれているんです。

2つ目は、豆乳にはアミノ酸スコア(※)の高い良質なたんぱく質が含まれている点。

(※アミノ酸スコア:食品中の「たんぱく質」「必須アミノ酸」がバランスよく含まれているかを数字で表した指標)

赤ちゃんの筋肉や血液を作るもとになる「タンパク質」と、人間の体内では作られない「必須アミノ酸」がバランス良く含まれる豆乳は、妊娠準備中の女性にこそぴったりなんですよ。

また、大豆イソフラボンは妊娠準備中の女性に役立ってくれるだけでなく、骨粗鬆症や更年期障害などの発症や進行を遅らせたり、症状を緩和させたりする作用があることでも知られています。

ほかにも豆乳は血中コレステロールを正常値に近づけ、動脈硬化の進行を抑える働きなどが期待できるので、実は男性にもおすすめです。

豆乳はいつ飲む?最も効果的な摂取時期は低温期!

女性にとって嬉しい栄養素が配合されている豆乳は、低温期に飲みましょう。その理由は、大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをするため、エストロゲンが少ない高温期に過剰摂取すると、エストロゲンのバランスが崩れる恐れがあるからです。

低温期の女性の体内ではエストロゲンの量が増えます。一方で、低温期で厚くした子宮内膜を維持して受精卵が着床しやすい環境を整える高温期には、プロゲステロンというホルモンが増えます。

通常は脳が体内の状態に応じてエストロゲンやプロゲステロンの分泌量をコントロールしているのですが、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンを高温期に過剰摂取すると、脳は「エストロゲンは足りている」と錯覚してしまいます。

大豆イソフラボンをエストロゲンだと思い込んだ脳は本物のエストロゲンの分泌を抑制するので、体内のホルモンバランスが崩れ、排卵が遅れてしまうかもしれません。

ほかにも、高温期に受精して着床した場合の「妊娠超初期」にエストロゲンが増加すると、ホルモンバランスが乱れて胎児の発育に影響を及ぼす可能性があります。

高温期ではなく低温期の摂取が最適である豆乳ですが、今回紹介した例はあくまで過剰摂取した際に想定されるケースです。適量であれば問題ないので気楽に過ごしましょう!

将来の子どもを守るために。1日の適切な摂取量を守ろう

前述のとおり適量であれば、時期に関係なく日常的に豆乳を飲んでOK。大豆イソフラボンに限らずどの栄養素も、適量を守れば身体に影響は出にくいといわれています。

厚生労働省から発表されている大豆イソフラボンの摂取量の上限は、1日70~75mg。豆乳に換算すると、コップ1杯半(280~300mg)程度。

思っているよりも上限摂取量が少ないと感じた人は、要注意!特に豆乳はごくごく飲めてしまうので、気をつけていないと摂りすぎてしまう可能性もあります。適切な摂取量を守って、美味しくいただきましょう。

豆乳の過剰摂取には要注意!

女性にとって嬉しい栄養素が多く含まれている豆乳。特に大豆イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)似た働きをしてくれるため、妊活をサポートしてくれます。

しかし大豆イソフラボンを過剰摂取をすると逆にホルモンバランスが乱れてしまい、妊活に影響を及ぼす可能性もあるんです。豆乳は「1日コップ1杯半程度」を目安とし、適切な量を摂取するようにしましょう。

NEW ARTICLE