• ホーム
  • Umu
  • 妊活中から考えよう!不妊治療のための「保険」の種類と時期

妊活中から考えよう!不妊治療のための「保険」の種類と時期

妊活を始める段階で、検討してほしいのが不妊治療に関しての保険加入です。公的医療保険対象外になる治療もあり、不妊治療を始める夫婦にとって、保険加入はメリットもデメリットも存在しているのが事実です。これから妊娠準備を始める人は、保険の内容について頭に入れておきたいですよね。知識を身につけて、安心して妊娠準備を進めましょう。

不妊治療の中で、公的医療保険の対象外となる治療とは?

不妊治療は想像以上に費用がかかることもあり、保険の加入を検討しているという人も少なくないかもしれません。医療保険に加入していれば、不妊症の治療でも、入院や手術をすることで、入院給付金や手術給付金の支払いの対象になります。また無事に妊娠・出産した場合にお祝い金が貰える保険プラン等も存在します。

ただし例外もあります。、疾病の治療が直接的な目的でない手術の場合は、給付金の支払い対象外です。(公的医療保険制度の「医科診療報酬点数表」で算出されないケース)
つまり、人工授精や体外受精を受けても、手術給付金は支払われないことを覚えておきましょう。

不妊治療の中でも、公的医療保険の対象となる治療と対象外の治療が存在しているので注意してください。
対象…妊活初期検査や治療
対象外…高度不妊治療
(人工授精・体外受精など)

ちなみに、自治体によっては不妊治療の助成を行っているところもあります。例えば、東京都特定不妊治療助成金など。 (しかし体外受精及び、顕微授精は対象)

不妊治療中に加入できる保険もあるので、ご安心を♪

前述のとおり、不妊治療の中には保険の対象外の治療や手術もあることを知ると、不安になったり妊娠準備中に加入するのは難しいように感じてしまいますが、ご安心を!

一般的な医療保険だと不妊治療中の場合加入が難しいのですが、最近では不妊治療中でも加入できる医療保険が登場しているんです!

中でも代表的なのが、アイアルの「子宝エール」日本生命保険の「不妊治療サポート保険シュシュ」エイ・ワンの「みんなの医療保険エブリワン」東京海上日動火災保険の「不妊治療費用等補償保険」です。いずれも不妊治療中に加入できるだけでなく、不妊治療後も継続できるのがポイント!どのぐらいの額をかけて、どのようなサポートを受けたいのかによって選ぶ保険の種類が変わってくるので、パートナーとよく検討して、自分に合った保険を見つけてくださいね。

不妊治療中の保険加入は、必ず告知をしよう!

加入したい条件が揃っている医療保険が、もし不妊治療中の女性の加入が不可能であった場合、あなたはどうしますか?
不妊治療は病気治療ではないという認識から「隠して保険に加入しても良いのでは?」と思われがちですが、医療保険に加入する際の“告知事項”という質問の中にある、3ヶ月以内の医療状況を記載する欄で告知の必要が義務付けられています

なぜなら、不妊治療を受けるに当たって医師の診療や投薬を受けるため、医療行為に該当します。病気を治すために受診をしている認識はなくても、条件に当てはまる事実を告知する義務があることを、頭に入れておきましょう。

不妊治療を受けていることをの告知すると、保険への加入を断られたり、保険の補償に条件がつく場合もあることでしょう。しかし不妊治療を終えて一定期間経過すれば、また希望の保険に加入できますし、不妊治療をしていても入れる種類の保険はありますので、あまり不安に感じる必要はありません。

では、もし告知をせずに保険に加入してしまった場合は、どうなるのでしょうか。
これは、告知義務違反にあたりますので、保険金を請求したときに支払い拒否されるケースもあるので気をつけましょう。

保険加入時に注意したい、メリット・デメリットを知ろう!

出産でも保険金を受け取ることができるので、将来的に兄弟も考えているという夫婦にとって、保険加入のメリットは大きいでしょう。

しかし一方でデメリットもあるので、注意が必要です。不妊治療の保険の場合、ほとんどが加入してから数年間は不担保です。それだけでなく給付回数の限度が定められているので、いくら使っても保険がおりるというわけではないということを踏まえて、保険加入を検討しましょう。保険会社によっても内容は異なります。保険加入を検討されている方は早めに問い合わせることをおすすめします。

NEW ARTICLE