• ホーム
  • Umu
  • 葉酸以外に必要な栄養素は?妊娠中の食事は栄養に気をつけて

葉酸以外に必要な栄養素は?妊娠中の食事は栄養に気をつけて

妊娠中は栄養に気を配った食生活を送りたいですよね。「葉酸」が妊娠に必要な栄養素であることはよく耳にしますが、それ以外にはどのような栄養素が必要なのでしょうか。妊娠中の栄養素は母体の健康を維持するだけでなく、おなかの中の赤ちゃんの成長も左右します!

妊娠中の「葉酸」摂取は、赤ちゃんの先天異常を防いでくれる!?

妊娠中に必要な栄養素をイメージすると最も思い浮かぶのが「葉酸」です。
葉酸は、1941年にホウレンソウから発見された、水溶性ビタミンB群の一種
厚生労働省も妊婦の葉酸摂取を推奨しており、2002年4月からは母子手帳にも葉酸の重要性が記載されています。

葉酸の主な効能として、細胞の増殖や臓器の形成への役割が挙げられます。特に妊娠初期と呼ばれる4週~12週で摂取すると神経閉鎖障害(先天奇形)を防ぐ効果があることが期待できます。4週からということは妊娠に気づいてから葉酸を摂取する様では遅いです。妊活時から意識して摂取する様に心がけましょう。

日本で出生児1万人に対して約6人の割合で見られる神経管閉鎖障害は、葉酸の摂取が防止に大きな影響を及ぼすことが分かっています。神経管閉鎖障害の中でも危険性の高い二分脊椎症とは、運動障害や排泄機能に障害が起こる病気です。その他にも無脳症のリスクも上がるといわれています。葉酸の摂取で完全に予防ができるわけではありませんが、1日480μgの葉酸の摂取(ほうれん草2株で147μg)で、発症リスクを大幅に低減できることが報告されています。(厚生労働省の基準より)

※葉酸を含む食材(ほうれん草・モロヘイヤ・芽キャベツ・納豆など)

赤ちゃんが育つために必要な栄養素は、「ラクトフェリン」と呼ばれるたんぱく質!

葉酸は、主に妊娠初期に重要な栄養素です。では、妊娠中期から後期に必要な栄養素には、どのようなものが挙げられるでしょうか。

まずご紹介したいのは、「鉄分」です。
鉄分は、おなかの中の赤ちゃんの体や胎盤、赤ちゃんと胎盤をつなぐ器官である臍帯を作ったり、鉄分を循環させるための血液量を運ぶための赤血球の生成に役立ちます。
妊娠中だけでなく、産後も大きな役割を果たしてくれます。産後は、授乳を通して母体から赤ちゃんに鉄を与えています。これも踏まえると、妊娠中から意識的に鉄分を摂取することを習慣づけたいですよね。

他にももうひとつ、「ラクトフェリン」の摂取が妊娠準備にとても重要!
ラクトフェリンとはたんぱく質の一種で、涙や唾液、血液、母乳、牛の初乳、などに含まれています。少し赤みがかった色をしていることから「赤いたんぱく質」とも呼ばれることも。
妊娠中に摂取することにより、細菌性膣症による早産を防いでくれます。また、ラクトフェリンは鉄分の吸収をサポートする効果も期待できます。

ラクトフェリンの摂取は、妊娠中でなくとも、腸内の良い菌である乳酸菌やビフィズス菌を増やすことで、他の細菌やウィルスに対する抗菌作用に効果を発揮する栄養素なので、食事やサプリメントなどで、意識的な摂取を心掛けましょう。(ラクトフェリンはビタミンCや粉チーズにも含まれています)

赤ちゃんの骨の形成に必要な栄養素は「カルシウム」!

妊娠中に意識的に摂取したい栄養素はほかにもまだたくさんありますが、重要度が高いのが、「カルシウム」です!

カルシウムを妊娠中に意識的摂取する理由は、母体の骨のカルシウムが、おなかの中の赤ちゃんに移行し、母体の骨が弱くなってしまうからです。また血液中のカルシウムは一定に保たれているため、不足すると骨から補われる仕組みとなります。慢性的に不足してしまうと骨はスカスカになってしまいます。

厚生省が定めている妊娠期間中のカルシウムの1日の必要量は1500~2000mg
必要量のカルシウムを摂取することで、妊娠性高血圧や妊娠中毒症の予防に効果を得られます。カルシウムはマグネシウムとの理想比率(2:1)というものがあります。カルシウムだけではなくマグネシウムも摂取するようにしましょう。

赤ちゃんの低身長低体重予防に効果がある栄養素は「亜鉛」!

UNICEFが摂取を推進している亜鉛は、不足すると早期産や遷延分娩や低出生児のリスクが高くなり、おなかの中の赤ちゃんの発育に影響する可能性があります。

それは、亜鉛が遺伝子発現、タンパク質合成などといった、様々な生体の反応、細胞分裂に不可欠なミネラルだからです。おなかの中の赤ちゃんは毎日細胞分裂を繰り返しているため、亜鉛不足が低身長や低体重などをうむといわれています。

厚生労働省は、亜鉛の摂取量を、妊婦の付加量が+1mg、授乳婦は+3mgと推進しています。亜鉛は母乳に多く含まれ、免疫力の維持に大きな役割を果たしていることから、妊娠期だけでなく、授乳期にも必要な栄養素であることが分かります。

NEW ARTICLE