• ホーム
  • Umu
  • 妊活にダイエットが効果的?効果的な運動や食事、生活習慣とは

妊活にダイエットが効果的?効果的な運動や食事、生活習慣とは

妊娠準備もしたいけれど、ダイエットをして美しい体型もキープしたい。そもそも、妊活中のダイエットってOKなのでしょうか。運動なら良いけれど、食事制限はダメ?それとも、ダイエットが妊娠準備に効果を発揮する?疑問の基本を解決し、今すぐ取り入れられる運動や食生活、生活習慣を紹介します。

妊活にダイエットは必要?

「妊娠準備中に、ダイエットだなんて……!」と思うかもしれませんが、標準体重をオーバーしている女性にとってはダイエットは効果的な面もあります。

最も妊娠に適しているのは、BMI20~24といわれています。

BMI とは、BODY MASS INDEXの略で、「BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」のように計算して数値を出します。
標準体重の目安は18.5~25ですが、妊娠しやすいのはBMI値22.0が妊娠しやすいという統計データーがでています。仮に現状の数値が22にほど遠い場合でも、できるところから少し減量するだけでも、生殖能力は上がりやすくなります!

肥満や痩せすぎは妊娠しづらい?体型と妊娠率の関係について

BMI値が20~24が妊娠に適しているのであれば、その枠から外れている人は、妊娠しづらいのでしょうか?言い換えると、肥満や痩せすぎの人は、妊娠しづらいのでしょうか。

【肥満】
「肥満=不妊」ではありません。脂肪が多く筋肉量が少ないという肥満体型が妊娠と関係しているわけではなく、肥満が原因で糖尿病やその症状寸前の状態になることが、不妊を招く原因になります。糖尿病を患うことで、インスリン(血糖値を下げるホルモン)が過剰に分泌されます。インスリンの量が多くなると、卵巣で男性ホルモンが増加します。これが原因のひとつとなり「多嚢胞性卵巣症候群」という、排卵しづらくなる疾患を患ううリスクがあがります。

他嚢胞性卵巣症候群は、生理不順や不妊の原因になることも。糖尿病の薬を用いた治療が行うこともありますが、まずは健康的な体重コントロールを心がけることで、改善がみられるケースも多くあります。

【痩せすぎ】
長年体重が変わらず、健康的な生活習慣・食事を心がけている場合や、遺伝や胃下垂で痩せている人は、極端に健康状態が悪いケースを除いて、体型が原因で生理不順や不妊になるということはあまり心配する必要はありません。

問題は、ファスティングや糖質抜きなど、無理なダイエットをして痩せた人です。ダイエットの結果痩せた人は、食べる量や栄養が足りていないことで、身体が妊娠する仕組みをストップさせようとします。
生理不順は、周期が不規則で妊活のタイミングがつかめなかったり、排卵がない状態で生理が来ていて妊娠できなかったりとさまざまな原因となります。

BMIの算出法と数値の見方について

前述のBMI(肥満指数)について、もう少し掘り下げて説明します。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

こちらの計算式に基づいて算出する数値は、妊娠に関係なく、通常であれば下記のような目安となります。

18.5以下…痩せ形
18.5~25…ふつう
25以上~30未満…軽度肥満
30以上~35未満…中度肥満
35以上~40未満…重度肥満

BMI値が20~24が妊娠しやすいといわれているので、体型の目安としては、痩せても太ってもいない“ふつう”であることが分かります。

妊娠力を上げる運動法を紹介!

妊娠準備をしている人は、BMI値を理想の数値にしつつ健康な体づくりを目指すべく、日常的にできる運動を生活習慣にすると良いでしょう。気軽に始められる運動を、3種類紹介します。

【ストレッチ】
おすすめは、骨盤ストレッチです!
お風呂上がりの体が柔らかい時に行うことで、ゆがんだ骨盤を元の位置に戻し安くして
好きな音楽やアロマを炊きながらストレッチをすれば、リラックス効果が得られるので、一石二鳥ですよね。

【ヨガ】
ヨガは運動が苦手でも取り組めて、呼吸法も学べるので妊娠準備に最適です。
ヨガをすることで自律神経が整い、ホルモンバランスが正常化します。
妊活中の女性に向けたヨガプログラムを行っているスタジオもあるので、通ってみるのもおすすめです。

【ウォーキング】
妊娠準備中の運動は、単発的でなく継続的に行うことが大切です。継続性を考えると、毎日少しずつできるウォーキングがおすすめ!
ウォーキングは有酸素運動なので、開始から30分経過頃から代謝が上がり始めるので、30分以上を目安に行うことを心がけましょう。

NEW ARTICLE