• ホーム
  • Umu
  • 妊娠しやすい「体位」がある!?子宮の形を把握することも大切

妊娠しやすい「体位」がある!?子宮の形を把握することも大切

妊娠準備をしていく中で題に上る1つとして性行為の「体位」が挙げられます。同じ夫婦生活を送るのであれば、妊娠率の高い体位があるのなら知りたいですよね。実際に、妊活に有効的な体位があるのか?もしあるとするならどうしていけばいいのでしょうか?

妊娠しやすい体位は子宮によって違う!

妊活をするのであれば、体位にも気を配るといいかもしれませんね。その理由は、膣から子宮の奥まで精子が届くことで、着床する場所である卵管膨大部に精子が移動しやすくなり、妊娠の確立を上げるためとされています。

しかし、一概にこの体位が良い、ということはできません。子宮の形状には個人差があります。子宮の奥まで精子が届く角度が異なるためとされています。

「子宮前傾前屈」と「子宮後傾後屈」と大きく2パターン存在します。一般的に、子宮は前傾前屈している人が多いのですが、自分がどちらの形の子宮であるかは、産婦人科で診てもらうことができます。
精子が子宮に移動することを邪魔しにくい体位を避け、適切な夫婦生活を持つことを心掛けて、妊娠率をアップさせたいですよね。

子宮前屈の人は「正常位」が妊娠に影響する!

では、子宮前屈の人は、どのような体位が有効的とされるのでしょうか。

様々な体位がありますが、その中でもおすすめなのが、射精時に「正常位」にいることです。正常位は、子宮前屈の人にとって子宮内に精子が移動しやすく、最も妊娠に影響があるといわれています。これは、正常位で射精が起こることで子宮頸部に近く、かつ精子が重力の影響を受けない状態で子宮の奥へと到達するからです。

より精子を子宮の奥まで届けるためには、射精時に女性が膝をたてると効果的といわれています。
射精後は、できるだけたくさんの精子が子宮の奥に届くような体勢をとることも重要です。精子がスムーズに子宮に上りやすくなるように、お尻から腰の下にまくらなどを入れて、位置を少し高くした状態で仰向けになりましょう。

子宮後屈の人は「後背位」が妊娠に影響する!

子宮前屈の人は正常位がおすすめですが、子宮後屈の人の場合は「後背位」が最も妊娠に影響を及ぼすといわれています。

より精子を子宮の奥まで届けるためには、女性が両足を伸ばし、その上から男性が覆いかぶさる状態がおすすめです。 子宮後屈の人は、後背位のように女性が上になる体位だと、子宮頸部の近くで射精ができることから、妊娠の確立が上がるといわれています。

射精後はおなかに枕や座布団をあてて、うつ伏せになり、できるだけたくさんの精子が子宮の奥に届くように促しましょう。前傾前屈位と反対の動きと考えるとわかりやすいですよ。

体位だけじゃない?オーガズムも妊娠に影響する?

子宮の傾きによって体位を変えるだけでなく、実はオーガズムも、妊娠に影響を及ぼすことが分かっています。

女性がオーガズムに達するセックスの場合、妊娠の確率がアップするといわれています。射精の1分前~45秒後程度のタイミングで女性がオーガズムに達すると、よりたくさんの精子を体内に保持しておくことができるからです。といわれています。

オーガズムに達すると、子宮の筋収縮が起きます。また頚管粘液の粘稠度も増すため、膣から子宮へと精子がより届きやすくなるのです。

子宮の傾きに適した体位があることやオーガズムが妊娠に与える影響についてご説明しましたが、必ずしもこれらを意識してセックスをしないと、妊娠できないわけでは決してありません。
今回ご紹介した内容は、深い結合と重力に重きを置いて、妊娠する確率を上げる方法の一例です。
現在、妊娠準備をしている夫婦の中で、妊娠の確立を上げるために取り組んでみたい、と興味がある場合には、実践してみてくださいね。大切なのは夫婦二人が気持ちの良いセックスができること。妊活に力を入れすぎないような環境づくりもしてみてください。まずは、婦人科で自身が子宮前屈か子宮後屈かを教えてもらい、夫婦生活の際に頭の片隅に留めておくところから、始めてみませんか?

NEW ARTICLE