• ホーム
  • Umu
  • 子育てしながらの「2人目妊活」。期間や妊娠しやすい方法はあるのか

子育てしながらの「2人目妊活」。期間や妊娠しやすい方法はあるのか

実際に子どもが生まれると、「兄弟を作ってあげたいな!」と思う夫婦も多いですよね。1人目をスムーズに授かることができた夫婦でも、意外と多いのが2人目不妊。2人目の子どもの妊娠を待つことは、子育てをしながらなので1人目の時とはまったく別。夫婦で上手に乗り越える方法や、期間についてご紹介します。

2人目不妊は、生理の再開が遅いことも原因のひとつ?

1人目の子育ては、分からないことだらけ。例えば授乳に関しても、子どもが求める年齢までは、続けたいですよね。
実は、この授乳が原因で2人目の不妊を招いていることも。

授乳をしている間は、生理が再開しないと聞いたことはありませんか?

夫婦関係があったとしても、生理が再開していないと、妊娠はできませんよね。夫婦関係のあるなし以前の問題として、生理の再開が遅く、2人目を授かるタイミングを逃してしまうという人は、意外と多いのです。

授乳をしていても生理が再開したという人もいるので、個人差はあります。

通常であれば、授乳をやめて半年以内に生理が来るといわれていますが、半年~1年程度来ない場合には、婦人科の受診をおすすめします。

1人目はスムーズだったのに……。出産を機に、体質が変わった?

1人目をスムーズに妊娠していると、2人目の妊娠が順調に行かないと余計に2人目不妊に焦りを感じてしまいます。周りの配慮に欠けるのも、2人目不妊に精神的ストレスがかかる理由ひとつ。1人目を授からない場合には周りも少し配慮をして触れずにいてくれますが、2人目になると、周りが図々しく「2人目は?」などと声をかけてくることに、嫌気がさしてしまうことも。

2人目を授かりにくくなっている原因のひとつとして考えられるのが、前回の出産を機に、体質が変わってしまっているということが挙げられるかもしれません。
例えば、前回の妊娠・出産でダメージを受け、炎症や子宮内膜症を起こしていませんか?また、細菌感染が影響して、卵管のつまりが起ってしまうこともあります。

他にも、授乳期間が長い人の中で、黄体ホルモンの分泌が不十分になるケースがまれにあります。これにより、排卵がうまくいかなくなることもあるので、2人目不妊はさまざまな原因が考えられるのです。

子育て疲れで、夫婦関係が減少していませんか?

1人目の妊娠の時には、できる限り配慮していたはずの「ストレス軽減」。2人目になると、子育てをしながらなので簡単にストレスを軽減することはできません。
初めての子育ては、想像以上に疲れや、ストレスを溜めてしまうことも。
ママを必要としている時期の子どもを育てているわけですから、容易にストレス解消をすることが難しいと感じる人が多いのではないでしょうか。疲れを感じたりストレスを溜めてしまうと、ホルモンも不安定になり、より一層夫婦関係の減少につながりがちです。

子育ての疲れと仕事の疲れ、それぞれが夫婦関係を持つ気分になれないことが原因で、2人目不妊を招いているケースは少なくありません。

「夫婦生活を頻繁に持たなくてはいけない」と、頭でっかちになって考えてしまうと、お互いなかなかその気になれないもの。大切なのは「女性らしくいよう」という気持ちを忘れないこと。そして、お互いを認め合って信頼し合うこと。このふたつが大切なのではないでしょうか。

「疲労を溜めない」生活を始めませんか?

子育てをしながらの2人目の妊娠準備で、ストレスをなくすことや、疲れないようにすることは難しいですよね。
であれば、「疲労を溜めない」ことに重点を置いた生活を始めませんか?

実は、1人目を妊娠しているときから、2人目の妊活はスタートしています。
1人目の出産・授乳・育児で、母体の栄養はほとんど子どもに持って行かれているといっても過言ではありません。栄養がない状態の身体で妊娠準備……。なかなか授からないのも、無理はありません。だからこそ、1人目を妊娠しているときから、意識的に栄養を十分に取る生活を心がけておきましょう。

栄養が体にいきわたっていると、疲労が溜まりにくくなります。
無理をせず、できることから始める。そして、疲労を溜めない。「妊娠しなくちゃ!」という気持ちよりも先に、この二つを意識することで、妊娠しやすい体づくりを始めましょう。

NEW ARTICLE