• ホーム
  • Umu
  • 「卵子年齢」ってなに?卵子を老化させないためにできること

「卵子年齢」ってなに?卵子を老化させないためにできること

女性の体内にある卵子にも、年齢があることをご存知ですか?卵子年齢が老化することで、妊娠しづらくなるともいわれています。「卵子年齢」ってなに?老化した卵子年齢を、若返らせることはできる?などの疑問を解決していきます。

「卵子年齢」とは

女性の体内には、誕生したときから卵子のもととなる原子卵胞が存在しています。この原始卵胞は、数を増やすことができません。まだ胎内にいるときから女性はすでに卵子をつくりはじめます。胎児のうちに用意された700万の卵原細胞のなかで選ばれたものだけが成長し排卵されていきます。

男性の精子は精子のもととなる細胞を増やすことができ、何歳になっても精子をつくることができますが、女性の場合は、もともとある原始卵胞を使い切ってしまったら、新しい卵子をつくることはできないのです。

原始卵胞は生まれた時には、すでに卵巣の中にあります。ということは、原始卵胞は自身の年齢と同じだけ年を重ねているということ。
例え見た目が若くて元気でも、卵子年齢は自身の年齢とイコールなのです。

「卵子年齢」の検査方法とは

卵子年齢は、AMHと呼ばれるアンチミューラリアンホルモンの数値を割り出すことで、おおよそを知ることができます。
血中にあるAMH数値は、原始卵胞から発育する前の胞状卵胞数を反映しているといわれています。将来の排卵のために準備状態にある卵胞数、つまりは卵巣の潜在的な排卵能力を表しているといえます。

AMHの数値は、血液検査によって行います。 クリニックで1万円前後で受けることができます。

ここで注意しておきたいのは、AMHの数値が表すのは、卵子の在庫の目安だということ!あくまで「妊娠のために残された期間」の目安であり、「妊娠のしやすさ」を示しているものではありません。
卵子の質に関しては、年齢と比例することを覚えておきましょう。つまり、AMH数値は同じでも、年齢が高くなればなるほど反応は悪くなることが分かります。

「卵子年齢老化」のサインを見逃さないで!

卵子は、誕生とともに減少していくもの。クリニックでAMH検査を受ける以外の方法で、自身の卵子の数を知ることは難しいですよね。
しかし、卵子年齢の老化は、必ず自身の体調を把握していれば、そのサインに気が付くもの。下記の項目に思い当たる節がある場合には、卵子の数が減少している可能性があります。

・生理時の出血量が減った。
・生理の周期が短くなった。(24日以内)

分かりやすいのは、この2つです。
卵子は年齢があがるにつれてどんどん減少していき、35歳頃には思春期の約4分の1、25歳頃の約2分の1になります。また、年齢とともに、体や肌が変化していくのと同じように、卵子の質も低下していくといわれています。老化してしまった卵子を若返らせることはできないので、今のうちから卵子の質をよくしていくことが大切です。将来、妊娠を希望しているのであれば、卵子の質を向上させるためにも、卵巣(卵子のストックルーム)の環境を整えていくことも妊娠の準備にとって重要なことです。しかし、卵子の質と生まれてくる子どもの能力や資質とはイコールではないということも覚えておいてくださいね。

子宮や卵巣の病気、過剰なストレス、偏った食生活、喫煙習慣、睡眠不足などでも卵子の老化が加速するといわれています。
卵子老化を防ぐべく、生活習慣の改善を心がけましょう。
・禁煙
・冷え改善
・質の良い睡眠
・過度なダイエットはしない
・バランスのよい食生活
これらのことに気を付けて、できる限り卵子老化の要因となることを防いでいきましょう。

「卵子年齢」は若くできる!?その方法とは

前述の通り、卵子の減少を止めることはできません。しかし、ビタミンDを摂取することによって、AMHの値が高くなることがあるともいわれています。

摂取することでこれが改善できるということは、ビタミンDが卵胞の発育に影響を及ぼしていると述べている報告も上がっています。

つまり、積極的にビタミンDを摂取することで、卵子の質の改善に効果的といえます。
ビタミンDを摂取するには、食べ物だけでなくサプリメントや、日光浴によって体内での生成を促すという方法も!ビタミンDは妊娠においても重要な栄養素のひとつなので、妊娠を望んでいるのであれば、積極的に摂取することをおすすめします。

NEW ARTICLE