• ホーム
  • Umu
  • 独身のうちから妊活するべき?結婚前に妊娠準備をするメリットはあるのか

独身のうちから妊活するべき?結婚前に妊娠準備をするメリットはあるのか

将来妊娠を希望する女性は、独身のうちから妊活を行うべきでしょうか?「まだ結婚も決まっていないのに……。」としり込みする人もいるかもしれません。しかし、結婚してからすぐに妊娠できるとは限りませんよね。将来子どもが欲しいかどうかをしっかりと考え、将来設計をする必要があります。

まだ結婚してないのに……。独身でも、妊活すべき?

まだ結婚してないのに……。独身でも、妊活すべき?

最近では働く女性が増え、晩婚化が進んでいるといわれています。女性でもキャリアを積んで、自分の得意分野を生かして社会で活躍できるのは、素敵なことですよね!しかし、一歩立ち止まって自分の体のことを考えてみてください。年齢を重ねていく分、生殖機能にも少しずつ影響が出始めていきます。自身の健康面も含めたライフワークバランスを考えていくことが現代の女性には求められているのではないでしょうか?

生理は、順調に来ていますか?
もし、生理不順であると感じた場合には、婦人科を受診してみましょう。
生理不順を解消するための診察だけではなく、思い切って妊娠しにくい体質になっていないかを診てもらうことも大切です。

将来、子どもは欲しいですか?
結婚したら、すぐに妊娠できる。と思っている人も少なくありません。しかし、現在、不妊症で悩むカップルは約10組に一組といわわれています。近年、妊娠を考える年齢が上昇していることもあり、女性因子・男性因子ともに、不妊のリスクは高くなっているのが現状です。さらにいえば、生活リズムが崩れていたりストレスをためる環境にいる女性は、20代であっても生理が止まってしまったり、子宮が小さくなってしまっている場合も。
手遅れになってしまう前に。結婚前で独身だとしても、妊娠準備を視野に入れることは、とても大切だといえます。

結婚前から妊活を始めることのメリットとは

前述の通り、独身のうちから妊娠準備を始めておく必要があることがわかりました。生殖機能に関しては、一日二日の単位ですぐに体質が変化することはありません。結婚、出産が視野に入り始めた時点で、“妊娠を意識した体づくり”を地道にやっていくことがスムーズな妊活につながります。
では、実際に結婚前から妊活を始めたときに得られるメリットとは、どのようなものがあるのでしょうか。

・体調を把握できる
妊娠準備の第一歩として、基礎体温を付けるなどの排卵日予測や生理周期の確認などを行います。これを継続的に行うことで、自身の体調を常に把握することができます。基礎体温は女性の健康のバロメーターのひとつです。
結婚後、自身の体調が分かっていれば、どのようなタイミングでの夫婦生活が妊娠しやすいか、こともメリットのひとつなどの計画を立てやすいこともメリットのひとつです。

・生活リズムが整う
結婚生活や妊娠生活は、独身の時とは180度違う生活リズムを送ることになります。
これまで昼夜逆転のような生活を送っていた人が、突然結婚後に妊娠準備を始めたいからといって生活リズムを変えようとしても、突然は難しいもの。独身のうちから始めていれば、すぐに結婚生活や妊娠生活に馴染むことができるのもメリットです。

体調を把握できていて、生活リズムを整えるということは、つまり妊娠しやすい体質を手に入れる一番の近道です。

独身のうちからできる!妊活チェックリスト

独身のうちから妊娠準備を始めよう!と決心した女性に向けて。
「……まずは、何からすべき!?」と戸惑ってしまいますよね。妊娠準備に順番はないのですが、普段の生活の中で改善できることから始めておくと、無理なく取り組むことができます。
下記のチェックリストの項目を網羅すれば、“妊娠しやすい体づくり”の第一歩を踏み出すことができますよ。

・禁煙
・過度な飲酒は避ける
・冷え対策、対策
・運動習慣(適正体重のキープ)
・ストレスを溜めない
・規則正しい生活
・バランスのとれた食生活
・良質な睡眠

「妊娠」や「不妊」は、独身のうちに知っておくべきこと

現在独身で、当分結婚も妊娠も考えていない。しばらくは仕事や趣味に打ち込みたい、と考える女性も少なくありませんし、それは選択の自由です。

しかし、「妊娠」や「不妊」の知識を知っているのといないのとでは、人生の選択が大きく変わってくるのではないでしょうか。
もし、自身が妊娠しにくい体質であることが早いうちにわかっていれば、将来妊娠を希望した際には早い段階から不妊治療に取り組めますし、妊娠を望まずキャリアを選ぶのであれば、年齢を重ねてから結婚したときに、考えが揺らぐこともありません。

一番怖いことは、自分自身の体を“知らない”ことではないでしょうかす。忙しい日々の中でも、自分のことを知る、いたわる、大切にする。この積み重ねが、女性として公私ともに充実させながら生きていく上で、大切なことだといえます。

NEW ARTICLE