• ホーム
  • Umu
  • 「不妊治療」の際の病院の選び方。大切なのは通いやすさと口コミ

「不妊治療」の際の病院の選び方。大切なのは通いやすさと口コミ

不妊治療を決意したカップルが、まずはじめに悩むのが病院の選び方です。不妊治療自体デリケートな内容ですし、長いお付き合いになるケースもありますから、病院の選び方は非常に重要であることが分かります。不妊治療に際する病院を選ぶ際の、重要な項目をご紹介します。

初めての不妊治療。「病院選び」のポイント4つ

不妊治療を始めようと考えているカップルは、まずどこの病院を受診すべきかとで悩みがち。
大切な問題だからこそ、受診の段階で失敗したくないですよね。まず、病院選びに関するポイントをご紹介します。

・通いやすさ
不妊治療をするということは、必然的に病院に行く回数が増えます。治療の内容によっては、毎日のように通うことも。近年では結婚後も仕事に精力的に取り組む女性も多いので、仕事をしながらの通院は、身体的だけでなく、精神的にもストレスがかかるもの。なるべく通いやすい場所で、良い病院を見つけたいですよね。

・口コミなどの評判
通いやすい場所にある病院をピックアップしたら、次は口コミなどの評判を調べてみましょう。現代では様々な口コミサイトなどが存在しているので、簡単に病院の評判を知ることができます。しかしそれはあくまでネット上の情報の一つ。もし周りにすでに不妊治療に取り組んでいる知人がいる場合には、実際に評判を聞いてみるのも一つの方法です。

・医師との相性で選ぶ
病院を決める際、一番「こんなはずじゃなかった……」という気持ちになりがちなのが、病院の大きさや規模で選んでしまった場合です。大きくて立派な建物であったり、様々な治療を行っている病院は、それだけで魅力的で、信用性が高いと思いがち。しかし実際には担当する医師が重要で、決して病院の大きさや規模が大切ではないのです。仮に優秀な医師に出会えたとしても担当医制でないケースもありますので、その点も合わせて十分注意が必要です。

不妊治療に寄り添う。「自分にあった病院」の選び方

病院の選び方のポイントがわかったところで、次に知りたいのは「自分にあった病院」の定義です。不妊治療における自分にあった病院の定義として、下記を参考にしてみてくださいね。

・男女ともに受診できる
不妊治療は、女性だけ・男性だけではありません。つまり、カップルが二人三脚で不妊治療に取り組むためには、男女ともに受診できることが条件となります。通おうと思っている病院が女性専用である場合には、男性不妊専門施設と提携しているかどうかなどを、事前に調べておくと良いでしょう。

・病院の方針に共感できる
病院の数だけ、方針もさまざまです。一度だけでなく通い続けることを考えると、病院の方針に共感できるかどうかも判断材料に。考え方だけでなくカウンセリングや受診の進め方や料金体系に至るまで、院長の方針で決まります。現代ではある程度ホームページで確認できるので、事前にチェックしておくことが大切です。

・相性が良い
どんなに知人に勧められたとしても、相性の良し悪しはその人次第で異なります。受診してみないことには相性は分からないと思いがちですが、場合によっては説明会が開催されているケースもあります。その中で雰囲気を見て、相性を判断することも可能です。

自分の中で優先順位(自宅と職場から通いやすいか、診療時間など)を決めると病院を選びやすいですよ。

病院の探し方の基本とは

実際に不妊治療を行うための病院を探すときには、ネットなどで検索をすることがおすすめです。
ネットでの検索では、下記の項目について調べておきましょう。

・場所(最寄駅や駐車場など、通う際の交通機関を想定して調べる)
・営業時間(仕事終わりや休日に通いたい場合、希望の時間に受診を行っているかどうか)

また、予約した際の受付の方の感じの良さや来院した際に機転がきくかも大事です。(予約枠がいっぱいでも、調整して枠を作ってくれたりなど)
受付の方はクリニックの窓口的存在ですよね。基本的な対応が良くないと、質問に答えてもらえなかったり、聞き忘れたことを先生に取り次いでもらえなかったりします。このようなことは不安を増長する原因にもなるので、参考にしてみてくださいね。

NEW ARTICLE