• ホーム
  • Umu
  • タバコと妊娠は関係する?「喫煙」が妊活に及ぼす影響について学ぶ

タバコと妊娠は関係する?「喫煙」が妊活に及ぼす影響について学ぶ

「喫煙」が生活習慣の一つになっている、という人は少なくありません。
しかし、喫煙をすることで、妊活・妊娠に影響を及ぼすといわれています。
喫煙は、一体どのような影響を妊活に及ぼすのでしょうか。妊娠準備を始めたいと考えている人(男女共に)に、ぜひ知ってほしい話です。

喫煙と妊娠率は比例するって本当?

仕事のストレスを解消するため、口のさみしさを紛らわせるため、気分を落ち着かせるため、と「喫煙」をしている人の理由は様々ですよね。
何気ない生活習慣のひとつのつもりが、妊娠準備に影響を及ぼしているとしたら
考えを改めたいと思う人も多いのではないでしょうか。

喫煙すると健康リスクを脅かすことはご存知かと思います。そして実は、喫煙者率と妊娠率は反比例しており、喫煙者と非喫煙者では、妊娠率に大きな差が生まれることがわかっています。
2005年に田園都市レディースクリニックで生殖補助医療を行っている女性患者を対象に行った集計によると、喫煙者の妊娠率は23.6%、非喫煙者は40.2%と、歴然の差が生まれていることがわかりますよね。

喫煙のデメリットは女性の体だけでなく、男性の生殖機能にも影響を及ぼします。そして、胎児にも大きな影響を及ぼすことがわかっているのです。

【女性編】喫煙が、妊活に及ぼす影響とは

「喫煙」や「受動喫煙」は、男性の体にも女性の体にも悪影響を及ぼすことで知られています。男性と比べて体の仕組みや体格差から、男性よりも女性のほうがタバコの影響を受けやすいといわれています。
喫煙による影響の中で最も懸念されるのが、女性ホルモンへの関係です。それ以外にも、妊娠にまつわる体の機能に影響を及ぼし機能全体が老化することがわかっています。

・女性ホルモンの代謝を阻害・分泌を低下させるためで生理不順を起こす。
・卵巣への血流障害がおこることで卵巣が萎縮し、活動機能を低下させ、不妊へのリスクが高まる。
・閉経を早める。
・おりものの悪臭・細菌性膣炎の発症率が高まり、膣炎をおこしやすい。
・子宮がんの確率が高まる。
・不妊・子宮外妊娠・早産・流産の確率が高まる。
・不妊治療の成功率を下げる。

上記は、喫煙している女性の体に 直接的に 起こる影響です。
しかしそれだけでなく、無事妊娠したとしても、喫煙が原因で胎児・誕生した子供にも影響を及ぼします。

中でも懸念されるのが、誕生した子供の知能・発達の遅れ、発育への影響です。母乳には、血液中の約3倍に濃縮されたニコチンが含まれるので、授乳することでニコチン中毒の症状を患う新生児もいます。またSIDS(新生児突然死症候群)のリスクも高まってしまいます。

【男性編】喫煙が、妊活に及ぼす影響とは

妊娠準備を始める場合、女性だけが気をつければ良いものではありません。男性の喫煙による妊娠への影響を知る必要があります。
男性が喫煙をしている場合も、妊娠率に大きく影響を及ぼします。それは、精子の運動率や濃度、奇形を招いてしまうのです。

男性の喫煙者は、非喫煙者と比べると精子運動率は10%~17%低下し、精子濃度は15%~25%減少。それだけでなく、奇形精子率が13%上昇することがわかっています。
喫煙は精液中の活性酸素を増加させるので、酸化ストレスによりDNAの損傷を促進させます。(精子が老化していきます)精子にはDNAの修復力がないため、壊れた遺伝子を元に戻すことはできないのです。
また女性同様、不妊治療の成功率を下げる直接的な原因にもなってしまうんです。

男女が一緒の空間で生活している場合、受動喫煙が及ぼす影響は大きいです。パートナーが喫煙していることで、妊娠を望む女性が思うように妊活に取り組めないことを理解しましょう。

「電子タバコ・加熱式タバコは大丈夫」は誤解なので気を付けて!

ここ数年で、加熱式タバコや電子タバコといった「新型タバコ」が登場し、体への影響が少ないと思う方は少なくないと思います。
新型タバコに変えれば、前述のような妊娠への悪影響を避けられると思っていませんか?
しかしこれらは間違っています!誤解しないように気を付けてほしいのです。

電子タバコは煙が出ません。受動喫煙においてリスクは低下しますが、ニコチン含有型であれば、ニコチンを体内に取り入れていることに変わりはありません。加熱式タバコから出る煙は、通常のタバコと同様の有害物質が含まれています。

上記を踏まえ日本呼吸器学会は、電子タバコや加熱式タバコなどの新型タバコも「健康に悪影響をもたらす可能性がある」としています。
妊娠準備をしようと考えている夫婦は、まずは禁煙をスタートすることから始めてみてはいかがでしょうか。
いきなり本数をゼロにするのではなく、徐々に禁煙できるように取り組んでみてくださいね。

NEW ARTICLE