• ホーム
  • Umu
  • 結婚が決まったらまず検査!「ブライダルチェック」の治療や費用とは

結婚が決まったらまず検査!「ブライダルチェック」の治療や費用とは

結婚が決まったことで、両家への挨拶や結婚式準備などで大忙し!めまぐるしい毎日を送っているプレ花嫁さんも多いのではないでしょうか。結婚に向けて進めていく準備ももちろん重要ですが、妊娠を希望しているのであれば、まず受診しておきたいのが「ブライダルチェック」です。どのような検査で、どれくらい費用がかかるのか。ブライダルチェックにまつわる、気になる項目をまとめます。

「ブライダルチェック」とは?検査をするタイミングは“なるべく早く”が◎

最近よく耳にする「ブライダルチェック」という言葉。結婚が決まっている人は、すでに耳にしたことがあるのではないでしょうか。
ブライダルチェックとは、自分たちの体が妊娠できる状態であるかを受診・検査すること!

WHOが定めた定義では、不妊とは通常の夫婦生活を過ごし1年経っても自然に妊娠しないことを指しています。夫婦生活を過ごしている過程で不妊であることを知るより前の段階で、妊娠できるからだか否かを知ることができるのが、ブライダルチェックの一番のメリットです。

検査をするタイミングは、早ければ早いほど◎
仮にブライダルチェックの結果によって問題が見つかった場合でも、早い段階であれば対策の幅が広がるからです。

実際は何をするの?ブライダルチェックの検査内容とは

ブライダルチェックという言葉を耳にしたことはあっても、実際にどのような内容の検査を行うのかは、あまり知られていません。妊娠ができる状態の体であるかを知るためには、思っているよりも多くの内容の検査を行う必要があります。下記に、ブライダルチェックの検査内容をまとめます。

【女性の検査内容】
・血液型検査
・HIV感染症検査
・梅毒検査
・クラミジア抗原検査
・風疹検査
・子宮頸がん検査
・B・C型肝炎検査
・不規則抗体検査
・淋病検査
・カンジタ検査
・トリコモナス検査
・ATLウィルス検査
・トキソプラズマ検査

病院を受診したら、問診票を受診の後に、これらの内容を検査します。

ブライダルチェックの費用相場は?保険適用は?

ブライダルチェックを受けるということは、結婚式や新居の準備などを控え、何かとお金がかかる時期ですよね。だからこそ、余計にブライダルチェックの費用が気になるもの。
検査を受ける病院によって価格設定がまちまちであったり、中にはセットでの価格設定を行っている病院も。相場としては、約2~5万円といわれています。

ブライダルチェック自体は保険適用外ですが、中には体調や項目によって、保険が適用されるケースも。まずは医師に相談してみましょう。

あまりお金をかけずにブライダルチェックを行いたいと考えている場合も、同じく医師に相談してみることをおすすめします。保険が適用される内容を教えてくれたり、費用が功が気でなくて重要な内容を教えてもらうことができます。

男性も!?カップルで行うブライダルチェックのすすめ

近年では、不妊は女性だけでなく、男性側にも原因があることが知られていますよね。だからこそ、ブライダルチェックはカップルで行うことが大切です。
男性が検査すべき内容は、こちら。

【男性の検査内容】
・精液検査
・HIV感染症検査
・クラミジア抗原検査
・梅毒検査
・B・C型肝炎検査

ブライダルチェックを行うのはほとんど産婦人科なので、男性は自分自身が受診するのは抵抗があると感じる人もいるのではないでしょうか。
その場合には、自分自身で検査を行えるキットも販売されているので、まずは試してみるのも◎

その結果は必ずしも正しいものではないので、その結果をもって、再度受診して検査を行うことをおすすめします。

NEW ARTICLE