• ホーム
  • Umu
  • 「妊活」何から始める?今すぐできることとその方法とは

「妊活」何から始める?今すぐできることとその方法とは

結婚をして一定期間が過ぎると、子どもが欲しいと考え始めるカップルも多いのではないでしょうか。最近よく耳にする「妊活」ですが、実際に何から始めたらよいかわからず、ただ漠然と考えているだけになっているという声も少なくありません。「妊活って、何から始めたら良いの?」「妊活を始めるには、どのような方法法がある?」などの、疑問に感じている内容を、一つずつ紐解いていきます。

妊活のきっかけって?みんなどのタイミングで始めるの?

結婚をしたカップルたちの会話の中で、よく登場する「妊活」という言葉。実際にすでに妊活を始めているカップルも多いのですが、そもそもどのようなタイミングで妊活を始めようと思ったのでしょうか。

・余裕ができた

結婚するまで、仕事一筋だったという女性が多い現代社会。結婚後も仕事を継続するが、一度自分の置かれている状況を整理している、という人も多いですよね。一方男性も、結婚時期と仕事が軌道に乗ってくる時期が重なり、結婚後しばらくして余裕が出てきたという人も多くいます。カップル同士、お互いに余裕が生まれた時期に子どもが欲しいと考え、それが妊活を始めるきっかけになっています。

・「結婚=出産」と考えていた

仕事や趣味に没頭したり、女子会をしていることで充実感を得られるので、結婚を考えていないという女性も少なくないのが現状。現代では男女で仕事における差を感じることもあまりなく、自分の目標に向かって努力をすることで、充実感を得ているケースが多いですよね。その中でも結婚を決意した、というカップルに多いのが、「結婚=出産」と考えているからという理由。しかしいざ結婚して夫婦生活を送っていても自然に妊娠できなかったことから、妊活に踏み切るカップルも多くいます。

・子どもが好き!

もともと子どもが好きで、結婚と妊活をセットで考えている、という人も意外とたくさんいます。不妊には、男性にも女性にも同じくらい原因があるもの。だからこそ、結婚したら必ず妊娠できる、という考えるのではなく、子どもが欲しいからこそ、初めから妊活をしようと話し合っているカップルも多いのです。

妊活スタート1:夫婦でどういう未来を過ごしたいか考える

妊娠を希望しているカップルは、どのように妊活を始めるきっかけを作り、第一歩を踏み出すべきなのでしょうか。まずはじめの第一歩として実践してみてほしいのが、夫婦でどのような未来を過ごしたいかを、一緒に考えること!

妊活は、どちらか一方の気持ちだけが先行してしまっては、二人三脚で同じゴールを見据えて取り組むことはできません。お互いに、妊娠をどれだけ希望しているのか、どれくらいの時期を目標にしたいのかを話し合うことから始めませんか?

もし突然そこまで具体的な話をできないのであれば、お互いにどのような未来を過ごしたいかについて話してもOK!そこから逆算していくと、どのタイミングを目標にすべきか、お互いにはっきりと見えてくるはずです。

妊活スタート2:妊娠しやすい体づくり

お互いの気持ちを確認することができたら、あとは妊活に向けて手を取り合って進んでいくしかありません!
検査をしたり何かしらの形で受診をすることももちろん大切ですが、まずできることとしてはじめておきたいのが、妊娠しやすい体づくりです。

妊娠しやすい体づくりといっても、難しく考える必要はありません。タバコと過度な飲酒をやめ、生活リズムを整えましょう。簡単なようですが、これまで習慣のように口にしていたタバコや飲酒をすぐにストップするのは難しいかもしれません。
しかし、タバコは血流を妨げたり、ホルモンの分泌量を減少させたりと、妊娠を直接阻害する要因の一つ。過度な飲酒は、生殖機能の低下につながってしまいます。

妊娠を目標とした妊活を始めたいと考えているのであれば、これらをやめることと、早寝早起きの実践や健康な食事を摂る等、基本的な生活習慣を見直してみましょう。

妊活スタート3:通う病院を決める

妊活を始めると決めたなら、病院に通うことも検討しておきましょう。またどんな病院に通うかも決めておくといいかもしれません。

病院は、産婦人科や不妊治療専門の病院であることが必須です。そして自身が通いやすい場所にあるかどうか、そして周りからの評判も大切です。
病院の規模の大小ではなく、通いやすさと評判、そして受診したい内容を重視して選ぶことを心がけてくださいね。また、先生との相性も大切なので、通ってみて判断することも大切ですよ。

NEW ARTICLE