• ホーム
  • Umu
  • 芸能人にも多い?不妊による離婚の慰謝料や話し合うポイントを知る

芸能人にも多い?不妊による離婚の慰謝料や話し合うポイントを知る

不妊に悩んでいる夫婦の中には、話が発展して離婚に至ってしまうケースがあります。そもそも、最悪の結果を避ける方法はないのでしょうか。デリケートな問題だからこそ、離婚する前に考えておきたいですよね。

不妊から離婚を考える4つのケース

妊娠を望んでいる夫婦でまれにあるのが、不妊が原因で離婚を考え始めてしまうケース。周りに相談できず、悩んでいる人もいるかもしれません。
不妊が原因で離婚を考える4つのケースをご紹介します。

① 価値観が食い違い、喧嘩に発展するようになった
不妊に関する価値観の違いは夫婦生活全般に大きく影響を及ぼします。この価値観の違いが喧嘩をうみ、精神的なストレスから離婚を考え始める可能性があります。

②不妊治療に疲れを感じた
不妊治療は、どちらか一方の努力だけでは上手くいきません。夫婦が力を合わせて取り組む必要があります。だからこそ一方が妊娠準備に疲れを感じて積極的に不妊治療に取り組めなくなると、お互いにストレスがたまり、離婚を考えてしまう場合もあるのです。

③セックスレスになった
セックスをする機会が少なければ、当然ながら妊娠する確率も低下し、不妊からの離婚に繋がってしまうかもしれません。

④2人目不妊
すでに子供が1人いると、子育てに手がかかりセックスをする回数が少なくなったり、時間の経過と共に卵巣や子宮の機能が低下したりして、自然妊娠できる確率が1人目よりも低くなります。よって2人目を妊娠できず、夫婦関係が悪くなり離婚に繋がる可能性があります。

不妊が原因の離婚は、慰謝料を請求できる?

不妊が原因で喧嘩が絶えなくなり、離婚を考え始めた……。そこで疑問に感じるのが「不妊が原因の離婚では、慰謝料を請求できるか否か」という点です。

その答えは「NO」
不妊という身体症状には落ち度がないので、不妊だけを理由に慰謝料を請求することはできません

ただ、不妊とは別で法定離婚事由に当てはまる下記のような行動はあった場合には、慰謝料を請求できる・請求される可能性は考えられます。

・不倫
・不妊が原因のセックスレス
・ドメスティック バイオレンス(DV)

妊活における価値観のズレをなくすポイント

結婚し、子どもを授かりたいか否かを話し合った際に、すり合わせたはずの価値観。しかしその価値観がズレ始めることで喧嘩が増え、結果として不妊が離婚の原因になることも。

主にズレが生じるのが、不妊治療への積極性や、排卵日に受精できるように夫婦生活を持つ工夫などです。
デリケートな問題だからこそ、お互いに発言を避け、たまりにたまったところで爆発し、喧嘩に発展してしまうケースが多発しています。

価値観のズレをなくす1番のポイントは、お互いが素直に話せる時間を定期的に設けて、お互いに支え合うことです

夫婦とはいえ相手の考えをすべて知り、まったく同じ価値観を持つことはできません。その前提のうえで、ともに子供を望んでいるのであれば、話し合う時間を定期的に設けて「本当の気持ち」を伝え合う必要があります。

夫婦間の違和感や不満について素直に話し合えば、より良い関係性を築けるかもしれません。よって不妊治療への積極性が高まったり、セックスレスが解消されたりする可能性もありますね。

離婚を回避したい……。見直すポイントとは

子供を授かりたい一心で、夫婦の関係を見失ってしまっては、本末転倒です。
一番大切なのは「夫婦の愛」であることを忘れていませんか?

これを念頭に置いたうえで、相手に我慢させすぎていないか、自分も我慢しすぎていないか、お互いの素直な気持ちを話せる時間を設けられているか、を振り返ってみましょう。

「子供を授かりたい」という共通の目標を持っていても、そのためのタスクを相手だけに課せるとストレスを感じ、離婚を考えてしまうケースも。まずは素直に話せる時間を設けて、お互いに今どう思っているのか、これからどうしていきたいのかを2人で考えてみましょう。

NEW ARTICLE