• ホーム
  • Umu
  • 排卵日と偏頭痛の関係を教えて!治療法や薬が胎児に及ぼす影響を知る

排卵日と偏頭痛の関係を教えて!治療法や薬が胎児に及ぼす影響を知る

排卵日や排卵日前後になると、必ず偏頭痛に悩まされるという人はいませんか?実はこれ、女性に多く見られる症状なんです。薬に頼りたくても、もし妊娠していたら……と考えると、なかなか手が出せないのが本音。妊娠準備中の女性は、偏頭痛と上手に付き合っていきたいですよね。今回知りたいのは、偏頭痛と排卵の関係や薬が胎児に及ぼす影響、治し方です。毎月悩んでいるという人の、手助けになりますように。

排卵日前後の頭痛は「偏頭痛」と「緊張型頭痛」の2種類

排卵日・前後に感じる頭痛は主に2種類あります。

【偏頭痛】
排卵日・前後に起きる頭痛に多いタイプ。
吐き気や嘔吐などといった、“気持ち悪さ”を感じる症状が多く、音・光・臭いなどに敏感になる傾向にあります。
少し動いただけでも頭が痛く、しんどいと感じる人が多いのも特徴です。

【緊張型頭痛】
首や肩周辺の筋肉の緊張が原因で、血管内に痛みを感じる物質が生じて起きる頭痛です。
排卵期に増加する、黄体ホルモンが主な原因です。
排卵期は体内の血流の流れが子宮を優先するので、脳に運ばれる血流が減って体内に水分が溜まりやすくなり、だるさや浮腫み、身体全体の血流が悪くなります。他にも、吐き気を伴う気持ち悪さの症状を感じることも。自律神経の乱れから発症するケースもあります。

排卵日の頭痛の原因は女性ホルモン!

排卵日・前後の頭痛には、主に原因が二つあります。

【エストロゲンの減少】
排卵日・前後の頭痛に最も大きく関係しているのが、女性ホルモンであるエストロゲンです。
エストロゲンとは、卵胞の成熟を促したり、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くしたり、血管収縮を抑制したりする働きがあるホルモンのこと。
生理の終わり頃から増え始めるエストロゲンは、排卵直前にピークを迎え、排卵が終わると急激に減少していきます。血管収縮を抑制する働きのあるエストロゲンが激減し、脳の血管が拡張することが、頭痛の主な原因の一つです。

【セロトニンの減少】
エストロゲンが減少すると同時に、セロトニンという脳内物質の分泌も減少します。
セロトニンは血管の収縮をコントロールしたり、痛みを抑える働きもあるので、減少することで、頭痛の原因となったり、痛みに過敏になりやすいんです。また、セロトニンは自律神経をコントロールしているので、不足することで自律神経が乱れて頭痛を引き起こしやすくもなります。この自律神経が乱れにより血行が悪くなり、肩こりや眼精疲労を引き起こすこともあります。

薬は胎児へ影響する?

偏頭痛と上手にお付き合いしたいけれど、妊娠準備中の女性にとって、頭痛薬を飲んでしまうのも、考え物。だって、もし妊娠していたら……。

そこで知りたいのが、薬を飲むことが、受精や胎児の健康・発育状況に影響を及ぼさないかということ。
一般的に妊娠発覚後は市販薬の飲用はNGですよね。しかし実際には、妊活中や妊娠初期であれば、市販の風邪薬や頭痛薬を飲んでも胎児に影響はありません
その理由は、胎児の脳や臓器などが作られるのは、妊娠後4〜12週だからです。

それでも不安に感じるという人は、、産婦人科医に相談して、頭痛薬や風邪薬などを処方してもらうと安心ですよ!

上手なお付き合いを!偏頭痛の改善の仕方とは?

実は一口に“頭痛”といっても、偏頭痛と緊張型頭痛では改善策が異なるのでご注意を!

【偏頭痛の改善策】
・明るすぎない部屋で横になる
・スマートフォンやパソコン、テレビなどのブルーライトは見ない(光に敏感になる症状があるため)
・肩から上を、保冷材や冷やしたタオルで冷やす。下半身は冷やさないように注意しましょう!(血管が広がりすぎて発症しているため)
・血行が良くなってしまうので、マッサージはNG

【緊張型頭痛の改善策】
・心身ともにリラックスさせて、血管の中を血液が通りやすいように工夫する。
・肩や首などに蒸しタオルを当てて温める
・39度くらいの湯船につかる

ラベンダーとローズマリーのアロマオイルは、偏頭痛にも緊張型頭痛にも効果が期待できるので、おうちでアロマを炊くのも良いでしょう。

片頭痛と筋緊張性頭痛の二種類についてお話ししましたが、
・これまでに感じたことのない激しい痛み
・だんだん痛みが激しくなる頭痛
・頭痛とともに高熱が出る、手足の麻痺や痙攣がある
などといった場合は迷わず受診するようにしてください。
日常生活に支障がでるような場合は、自己判断せず、一度医療機関でみてもらうことをおすすめします。

NEW ARTICLE