• ホーム
  • Umu
  • 妊活において知りたいこと。「流産」の原因とは?種類の違い

妊活において知りたいこと。「流産」の原因とは?種類の違い

妊娠を望む妊活中のカップルにとって、知っておきたいのは妊娠までのプロセスだけではありません。妊娠するということは、同時に「流産」のリスクを伴っていることを頭に入れておきましょう。そもそも、流産の原因はどこにあるのでしょうか。もしその事実を目の前にした時、自身を責めずに前へ進むためにも、今の段階から学んでおきましょう。

「流産」の概念と確率とは

妊娠を希望するカップルの中には、流産してしまうことを心配しているケースも少なくありません。まず、流産の概念と確率を知っておきましょう。

流産とは、妊娠22週未満で妊娠が終了してしまうこと。確率としては、全妊娠の10~15%程度といわれています。この数値は、年齢と共に上昇します。
流産の約80%が、妊娠12週未満といわれています。

流産を経験した人の中には、「どうして私だけが?」「私のせい?」と、考え悩んでしまうことが多くあります。流産に関する話題が上ることはあまりないので、自分だけがその事実に苦しんでいると考えてしまいますよね。しかし、この数字を見ると決して珍しいことではないことが分かります。
流産は、悲しいことです。しかし、自分だけだと思ったり、原因が自分自身にあると責めないでくださいね。

流産には種類がある?その名称と内容とは

流産には、実はさまざまな種類があります。

・化学的流産(生化学的妊娠)
超音波で妊娠が確認できる前に流産してしまった状態。尿による検査で妊娠反応が出ることもあります。妊娠検査を行わなければ妊娠と気付かず、生理だと思いすごしてしまうこともあります。

・切迫流産
少量の出血や軽い腹痛があり、流産の一歩手前の状態。妊娠初期に起こる可能性のある症状で、妊娠継続が可能です。

・稽留流産
腹痛や出血などの自覚症状がない状態で、体内の赤ちゃんが亡くなっていること。診察で初めて確認されることが多く、夜間に性器出血するなど、緊急事態を招くケースが考えられます。
→稽留流産は自然排出を待つこともあります。緊急事態を招くケースは進行流産に移行した場合です。全てのケースが緊急事態になるわけではありません。

・完全流産
自然に子宮内容物が全て排出してしまうこと。

・不全流産
腹痛や出血が続き、子宮内容物の排出が始まること。まだ、一部が子宮内に残っている状態。

・感染流産
細菌などが原因の、感染を伴った流産。母体死亡のリスクが高く、慎重な管理が必要です。

・反復流産
流産を2回以上繰り返した場合。

・習慣流産
流産を3回以上繰り返した場合。

自分自身を責めないで!「流産」の主な原因とは

流産を経験して、自分自身を責めてしまう人は少なくありません。さまざまな流産の種類がありますが、原因もそれぞれ異なります。

例えば、妊娠初期(12週まで)に起こった流産の場合、ほとんどが胎児の染色体異常(遺伝子異常)が原因なので、受精卵の段階で流産になる運命であったということができます。流産にはさまざまな種類があり、それらの原因については現在特定できていませんが、ほとんどの場合が母体でなく染色体に異常であるといわれています。

NEW ARTICLE