• ホーム
  • Umu
  • 妊娠前に必要な予防接種は○○!抗体をチェックしておくことも大切

妊娠前に必要な予防接種は○○!抗体をチェックしておくことも大切

妊娠する前に、打っておきたい予防接種があることをご存じですか?それは、風疹と麻疹の予防接種です。理由は、妊娠中に掛かると怖い病気だから。妊娠準備中の女性は、計画的に打っておく必要のある、予防接種。その病気の怖さや、抗体のチェック方法など、掘り下げてご紹介します。

妊娠前に必要な予防接種は「風疹」と「麻疹」

今回ご紹介するのは、妊娠前に必要な予防接種のお話です。
どうして、妊娠前に接種の必要があるのか。それは、妊娠発覚後は母体・胎児へのリスクが高く、予防接種を打つことができないからです。

では、妊娠前に打つ必要があるのは、どの病気に対する予防接種化をご存じですか?
それは、「風疹」と「麻疹」です。
後ほど詳細をご説明しますが、風疹と麻疹は、かかってしまうと胎児へ悪影響を及ぼす可能性の高い病気です。

風疹と麻疹の予防接種は、妊娠を希望する女性だけでなく、そのパートナーも接種する必要があります。これは、当人だけでなく周囲の人たちも抗体を持っていることで、感染のリスクを最大限に防ぐためです。
妊娠を希望している夫婦だからこそ、これを機に予防接種について話し合ってみませんか?

「風疹」・「麻疹」がどのような病気か知っていますか?

妊娠前に予防接種を受けておくべき「風疹」と「麻疹」は、それぞれどのような症状のある病気かをご存じですか?

【風疹】
風疹ウイルスによって引き起こされる感染症。
潜伏期間は2~3週間で、その後発熱・リンパ節の腫れ・発疹の症状がでます。
風邪に似た発熱ですが、その後発疹が出るようであれば風疹を疑ったほうが良いでしょう。この時に出る発疹は、数日できれいに消えることがほとんどです。

【麻疹】
麻疹ウイルスによって引き起こされる感染症。
免疫を持っていない人は「感染している人と廊下ですれ違うだけで感染する」といわれるほど、感染力の強い感染症です。
潜伏期間は10日前後で、その後発熱・発疹の症状が出ます。
風邪に似た発熱とともに、結膜炎症状が現れるケースもあります。
一度熱が低下した後、皮疹とともに高熱が出るのが特徴です。発疹は赤く、色素沈着がみられるため、完全に跡が消えるまで時間を要することが多いでしょう。

妊娠中に「風疹」・「麻疹」にかかった際のリスクとは

妊娠が発覚する前に抗体を作って置くことが大切であるとお伝えした「風疹」と「麻疹」ですが、仮に妊娠中に発症してしまった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。
いずれもお腹の中の赤ちゃんも同様にウイルスに感染する可能性が高いことが最大のリスクと考えられますが、それぞれ胎児が発症する可能性のある疾患が異なります。

【風疹】
重症化すると、胎児が先天性風疹症候群(難聴・心疾患・白内障・緑内障・身体や精神の発達の遅れなどの障がい)を疾患するリスクが高まります。
先天性風疹症候群の頻度は、妊娠週数が早いほど高いことが報告されています。だからこそ、妊娠発覚前に抗体を作る必要があるのです。

【麻疹】
重症化すると、胎児が合併症(肺炎・急性脳症・中耳炎など)を疾患するリスクが高まります。
また、早産や流産の頻度が上昇するという報告もあります。

「風疹」・「麻疹」の抗体をチェックしよう!

必ずしも、妊娠前に風疹や麻疹の予防接種が必要なわけではありません。すでに抗体を持っている人は、必然的に予防接種の必要はなくなります

自身が抗体を持っているかどうかは、抗体検査にてチェックすることが可能です。あらかじめ、抗体検査を行っている最寄りの医療機関を調べておきましょう。

抗体検査の流れは、問診→採血→結果の順です。
HI法と呼ばれる抗体検査の場合には、32倍以下の数値が出た場合には、予防接種を推奨されますよ。

まずは夫婦揃って近くのクリニックで聞いてみるのがおすすめです。
事前準備をしてから妊活をはじめましょうね。

NEW ARTICLE