• ホーム
  • Umu
  • 妊娠するに「体温36.5度以上」!平熱が低い人でも保つ方法とは

妊娠するに「体温36.5度以上」!平熱が低い人でも保つ方法とは

女性の中には、冷え症や肩こり、便秘に悩む人が多くいますよね。妊娠をする上で関係ないように思いますが、妊娠を希望する場合の基本的な条件として「健康体」が挙げられます。つまり、常に体を健康な状態にしておくことがとても大切です。そのための第一歩として、まずは体温を36.5度以上に保つための温活をおすすめします。

どうして「36.5度以上」が良いの?

生理不順や血行不良、肩こりに腰痛便秘……と、女性に悩みは尽きません。しかしこうした症状の根本の原因として、“低体温”が挙げられます。
悩み全てを回復することはできなくても、温活などにより低体温を解消することで、その多くの症状を和らげることができます。

今回ご紹介するのは、妊娠したいのであれば、体温を36.5度以上に保ちましょうというもの。では、どうして36.5度以上が良いのでしょうか。

それは、人間の体は本来、36.5度以上で正常に動くようにできているからです。
体温が1度下がることで、白血球の働きが30%ダウン。体温と免疫細胞は深い関わりがあり、体温を上げことでと風邪をひきにくくなり、健康な体を維持できるのです。

36.5度以上の体温を保つことは妊活にも効果的な方法です。
その理由は、低体温で体が冷えると、ホルモンバランスが乱れやすいから。また、それにより排卵の時期が定まらなくなったり、子宮の血流が悪くなることで内膜が厚くなり、着床しにくい状態になる可能性も考えられます。
体温を36.5度以上に保つことでホルモンバランスを整えることも、大切な妊活の一環といえるでしょう。

それだけでなくガン細胞が最も繁殖するのが35度台であるという研究結果が発表されています。このことからも36.5度以上の体温が健康維持に大切であることがわかりますね。

冷えは女性の大敵。温活をして妊娠しやすい体を作ろう

体温を上げるためには、全身の血行をスムーズにする必要があります。そのためにまずは筋肉が必要です。筋肉には、血液をポンプのように送り出す働きがあります。筋肉が増えるほど、体のすみずみまで血液が行き渡り、体は温まります。体温が1度上がれば、基礎代謝も約12%上がり魅力的な体に近づくので、まずは筋肉をしっかり作れるような温活をしましょう!

今すぐできる温活レッスンとは

温活レッスン① 週3回の筋トレを習慣に
筋肉を効率よくつける方法、それは下半身を鍛えることです。筋肉の約70%は下半身に集中しています。太ももやふくらはぎ、お尻などを意識して鍛えれば、体全体の筋肉量がぐんと増え、基礎代謝もアップが望めます。

温活レッスン② きびきび歩いて、“ウォーキング”
運動不足により体が冷え、カロリーを燃焼できず栄養過多になってしまいます。脂肪燃焼に効果的な方法で、有酸素運動を毎日の習慣にしましょう。有酸素運動の中でも気軽に始められるのがウォーキング。通勤時に一つ前の駅で降りて、呼吸を意識しながらきびきび歩けば、立派な運動になります。体温を36.5度に近づけるためにも一日15分以上を目標に始めてみましょう。

温活レッスン③ “発熱”食材を食卓に
〈体ぽかぽか、陽性食品〉
ごぼう、にんじん、れんこん、しょうが、黒砂糖、玄米、そば、漬物、 鮭、カニ、卵、赤身の肉や魚、黒豆、みそ、しょうゆ、シナモンなど

漢方の考え方では、食べ物は体を冷やす「陰性」と温める「陽性」に分けられます。なので陽性の食品を積極的に取り入れましょう。陰性食品は暑い土地の原産で、夏が旬。色が薄く、水分を多く含む傾向にあります。陽性食品は寒い土地の原産で、冬が旬。濃い色で水分が少なく塩気が強い性質があります。迷った時は、原産地で判断してみてくださいね。現代では、スーパーに行けば冬野菜でも夏野菜でも、年間を通して購入することができますよね。それは良いことでもありますが、逆にいえば必要のないときに体温を下げる食材を摂取していることも多いのです。

飲み物に関しても同様で、体を冷やすものを極力避けるようにしましょう。冷たい飲み物や、利尿作用のあるコーヒーや緑茶は、体を冷やしてしまいがち。必要時以外には、白湯を飲むなど温活を心がけましょう。

温活レッスン④シャワーをやめて、必ず湯船に浸かろう
体温を上げる最も簡単な方法、それは湯船につかること。汗がじわっと出れば、体温は約1℃上昇します。湯船につかれば下半身に水圧がかかり、静脈血やリンパ液が押し上げられ、むくみが改善されます。
むくみが改善されることで心臓に戻ってくる血液の量が増え、全身の血行がよくなり内臓の働きも活発になり、代謝もアップします。じんわり汗をかき、気持ちがいい程度がおすすめ。入浴時に肩までしっかりと湯船につかれば、体温が1~2度上昇するうえに、新陳代謝が活発になりますよ。
体温を上げるために適切なのは、38~41度のぬるま湯。血管拡張作用によって血行が良く、そして副交感神経が刺激されてリラックスする効果も得られます。

温活レッスン⑤お腹周りを温めよう
お腹には子宮や卵巣、腸を代表とする大事な臓器が揃っています。冷えはこれら臓器の動きが悪くなってしまう可能性が。ツボの丹田といわれる部位も臍下のお腹周りにあります。丹田は精気が集まり気力を充実させるところだといわれていsて、丹田を温めることで、交感神経を刺激し、基礎代謝が高まります。
お腹が温まると臓器の働きが良くなり全身に温かい血液を送ることができるようになるので、腹巻などでお腹を温めるなど温活方法として取り入れることがおすすめです。

NEW ARTICLE