• ホーム
  • Umu
  • プロテインも◎たんぱく質と妊活の関係を知って妊娠体質を目指す

プロテインも◎たんぱく質と妊活の関係を知って妊娠体質を目指す

妊活中に摂取する栄養素で、健康状態が左右されるといわれています。中でも味方につけておきたい栄養素といわれているのが、たんぱく質です。たんぱく質が実際にどのような効果を発揮しているのかを学び、妊娠体質を目指しましょう。

栄養たくさん!食べ物からパワーをもらって妊娠体質を目指そう

妊活というワードについて情報収集をすると、ネット上では実にたくさんの情報が飛び交っています。妊活を成功させるためには必要事項や実践すべきことがありますが、すべての元になっているのが「食生活」です。

食べ物は、妊娠の有無に関係なく体の健康を大きく左右します。人間にとって食べ物とは、自動車でいうガソリンです。乱れた食生活を続けてしまうと生理が止まったり、ホルモンのバランスが乱れてしまったりと、排卵を妨げる原因になりかねません。つまり、妊娠を成功させるために食生活はとっても大切なのです。

食生活を見直し、食べ物から栄養やパワーを十分にもらって、妊娠しやすい体質を目指しましょう!

妊活に有効!たんぱく質の役割とは

妊娠準備に有効な栄養素であるといわれているたんぱく質は、実際に体内でどのような役割を果たしているのでしょうか。

食べ物から摂取したたんぱく質は胃で分解され、ペプチドになります。ペプチドは小腸でさらに小さく分解されて、アミノ酸になります。ここまで小さくなって初めて体内に吸収できるようなるのです。

このアミノ酸は脳内ホルモンの原料となるだけでなく、生殖機能のホルモンの安定と卵子の質の向上に繋がります。また、旦那さんも一緒にたんぱく質の摂取量を増やすことにより、精子の質の向上も期待できるでしょう。

たんぱく質をきちんと摂取して、目指せ「妊娠体質」!

「妊娠しやすい体質を作る」と聞いたとき、身体を温める・運動をする・ストレスを溜めない工夫をするなど日常生活に+αをする必要がある、と考える方もいるのではないでしょうか。実は、食べるものを変えるだけでも妊娠しやすい体質に近づくといわれています。

アメリカ産婦人科学会が、「たんぱく質多め、炭水化物を控えめにした食生活が妊娠しやすい体質を作る」と発表しました。

成人女性の1日あたりのたんぱく質平均必要量は40g。可能であれば50g摂ることを推奨されています。

(※厚生労働省「日本人の食事摂取基準2015」より)

では50gを実際の食事に換算する前に、まずは食品100gあたりのたんぱく質量を見てみましょう。

食品100gあたりのたんぱく質量
・白米 6.1g
・ぶた、ばら 14.2g
・うし、ひれ 19.1g
・にわとり、もも 17.3g
・キャベツ 1.3g
・大豆(全粒・国産・乾) 35.3g
・りんご(生) 0.2g
・鶏卵類 12.3g
・普通牛乳 3.3g
・インスタントコーヒー 14.7g

(※文部科学省「食品成分データベース」より)

上記のデータから考えると、以下4つの食事で成人女性1日に必要なたんぱく質量である50gを超えます。
・白米 300g(茶碗の普通盛り2杯分程度)
・豚肉 100g
・普通牛乳 200ml(コップ1杯程度)
・卵 Mサイズ2個分程度
想像していたよりも少ないと感じる方も、多いかもしれません。

白米や肉・魚類と比べると野菜に含まれるたんぱく質量は少ないため、白米・肉類を避けて野菜中心の食生活をしている人にとっては、「たんぱく質量50g」をクリアすることは難しいかもしれません。とはいえ、上記のように細かくカロリー計算をして毎回の食事内容を考えるのは大変ですよね。

日頃から「たんぱく質を摂るために肉・魚・大豆・卵類を多めに選ぶ」と意識をすることで、食生活を改善し、妊娠しやすい体質を作れるかもしれませんよ。

よりたんぱく質を摂るために!“アミノ酸スコア”を意識しよう

私たちの体を作っている、といっても過言ではないたんぱく質でも、摂取した分がすべて体に蓄積されるわけではありません。100gのお肉を食べても、100gのたんぱく質を吸収できるわけではないことを覚えておきましょう。

そこで、効率良くたんぱく質を体内に取り込むために意識したいのが「アミノ酸スコア」です。

アミノ酸スコアとは、食べ物に含まれるアミノ酸を数値化したもの。たんぱく質は約20種類のアミノ酸でできていて、アミノ酸スコアの数値が100に近いほどアミノ酸のバランスが良いとされています。

アミノ酸スコアが高い食材として挙げられるのが、鶏卵・牛肉・生のアジ・木綿豆腐。どれもスコアが最大値の「100」に達しています。

ただ、アミノ酸スコアを意識した食事をする際には、「加熱」にも気をつける必要があります。肉や魚に含まれるアミノ酸量は加熱によって減るといわれているため、どの調理方法で摂取するかもとても大切です。これらを考慮してアミノ酸スコアを意識した食事を考えてみてくださいね。

NEW ARTICLE